ID非公開

2020/11/18 0:49

66回答

こんなこと言ったら反感を買うことは分かっているのですが、この恋あたためますかの主人公の演技が受け付けません。(もちろん名前は存じてます)可愛くて、ずっとインスタもフォローしてて、天気の子のときは、いい声

芸能人 | ドラマ307閲覧

8人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

【 追記 】 それから、この主人公の性格は”ぶっきら棒で恋愛に不器用でウジウジしてるけど、やると決めたら周囲を気にせず(寧ろ巻き込んで)一直線”みたいな所がありますよね…。 というわけで、ひょっとしたら質問者さんは、森七菜さんの演技を苦手なのではなく、そういう性格の人が実は苦手なので、それをリアルに演じてる森さんの演技も受け付けなくなってきたのではないかろうか???なんてチラッと推察しました。 だとしたなら、彼女の演技には、あなたの日常で苦手とする人と同じくらいの不快感を与えるほどのリアルがあるって解釈もできるかもしれないです。 と、森さんを擁護してみましたが、実はどちらかというと同居人を演じてる古川琴音さんの方が(見た目がサッパリしてて)私が応援したくなるタイプの女優さんです。ははは…(^^;)

その他の回答(5件)

1

>>演技がまるでセリフをそのまま読み上げた音読のようで、何が上手いのか分かりません。 演技に込められた感情のヒダが感じ取れなかったのかもしれませんね。 >>どなたか、この子の、演技が上手だと思えるポイントを教えてください。 この子に限らず、演技が上達してくるとむしろ感情表現は抑えられていくものです。単純に怒っているパントマイム・レベルの稚拙な演技から、その怒りの裏に込められている哀しみ、絶望、愛情、慈しみというように、怒りの表情の細かいところまで描きこんでいくようになってきます。 そうなると、怒りの表現としてはむしろ地味になってくるんですね。パントマイムであればむやみやたらに表情を荒げて、大声を出して暴れ回っていれば怒りの表現として成立するんですが、それでは深い演技は表現できなくなってくるのです。表面的に怒りの演技をしながら、そこに至るプロセスから生じる微妙な感情まで表現しようとするならば、猿みたいなパントマイム演技では対応しきれなくなってくるんですね。 『この恋あたためますか』のドラマに使われている言葉は、意外に含蓄の深いものです。台詞の言葉に乗せない思いが、常に渦巻いています。あのドラマに出演している役者たちはみんな、そういう言葉の裏の感情まで含めて演技をしています。 楽しそうですね。きっと出演している役者さんたちは、楽しくて仕方がないだろうと思いますよ。 ただ、そうやって生み出された演技は、一体に地味です。 色を例に取りましょう。一番分かりやすい演技は、原色の演技です。赤なら赤、青なら青、色目がはっきりしていて分かりやすいけれども、それだけです。 演技が深まるにつれて、青が緑、緑が黄緑、赤が朱色や紅と微妙な色合いに変化していきます。そうすると、そういう微妙な色合いを味わうことができない人は、もっと青い方がいい、もっと赤い方がいいという不満を持ったりする訳です。 きっと今のあなたは、そういう状態なんじゃないかと思います。

1人がナイス!しています

2

(ちょっと思ったのですが) もしかしてこのドラマのキキちゃんという女がもう一つ好きになれないのではないでしょうか。それなら分かる!私も何か馴染めない女のタイプです。 そして朝ドラの作家の役の時もまた全然嫌な女の役でしたし好きになれませんでしたが、そうなるとですね・・・ただこの女優が性に合わんのではないかとも思えてきますね。笑笑 演技はそんなに下手ではないのだろうと思うのですが、あんな顔をしたりあんな台詞を言ったり間を取ったりボケたりする「女」が受け付けないんですよね。そういうことだと思いました、あ?これ私の感覚を私が納得しているだけみたいな回答ですね、すみませんでした。 でもこれって致命的だと思うんですよ。 だって社長への片思いなんて全然応援する気になれないんですもん。汗

2人がナイス!しています

2

演技のうまいヘタに定義や理論的根拠はありません。 商業演劇は観る人に支持されてナンボです。 役者の演技も然り。 世間が「名優」と称える役者でもその演技に感情移入できなければ「稚拙な役者」、反対に世間が「ヘタクソ」とこき下ろす役者でもその演技に感情移入できれば「巧い役者」・・・そしてこれはすべて観る人の印象で決まります。 巷の声がどうあれ森七菜さんの演技に疑問符をつけるあなたは間違っていません。 このドラマの彼女の演技についてどれほどポジティブな意見を聞いてもたぶんあなたは納得しないでしょう。 他人に聞くだけ野暮です。 そしてヒロインの演技に感情移入できなければドラマそのものも共感できないでしょう。 観続けるのは野暮です。 離脱して正解だと思います。 私自身は森七菜さんの演技を違和感なく受け留め、イライザのようなヒロインがヒギンズ教授のような王子様に恋して人間的に成長する姿を微笑ましく思いながら観ています♪

2人がナイス!しています

2

恋つづとか 勇者に変貌したり 心のつぶやきを アフレコで入れたりして 主人公の心のうちが 分かりやすかった けど。 恋あたは、 主人公がなに考えてるか わからなくて、 次は何しでかすだろ? どう反応するんだろ? ってとこが面白さの要。 なので感情移入しづらい。 演じてる方も 観ている方も。

2人がナイス!しています