ID非公開

2020/11/18 1:43

33回答

死という概念について、パソコンに例えさせていただきます笑 すごく馬鹿馬鹿しい質問で恐縮なのですが、意識というものが脳の電気信号によるものだとして、もし死というものが、パソコンから電源ケーブルを抜くこと

超常現象、オカルト | サイエンス47閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

僕らの次のそのさらに先の人々にこういう疑問を繋げれれば綺麗ですよね!回答ありがとうございます!

お礼日時:2020/11/24 21:54

その他の回答(2件)

1

宗教の経典や聖書や文献に記されているあの世の風景は、 この世のそれをほとんどそのまま持ち込んで それを理想化したものです。 ・キリスト教の天国の描写・ ⋯⋯新約聖書ヨハネの黙示録より 玉座があり上に座っている方は、碧玉や赤めのうのようである。 玉座の周りにはエメラルドのような虹が輝いている。 また、玉座の周りに二十四の座があって、それらの座の上には白い衣を着て、頭に金の冠をかぶった二十四人の長老が座っている。 玉座からは、稲妻、様々な音、雷が起こる。 また、玉座の前には、七つのともし火が燃えている。 また、玉座の前は、水晶に似たガラスの海のようである。 この玉座の中央とその周りに四つの生き物がいて、前にも後ろにも一面に目がある。第一の生き物は獅子のようで、第二の生き物は若い雄牛のようで、第三の生き物は人間のような顔を持ち、第四の生き物は空を飛ぶ鷲のようである。 この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その周りにも内側にも、一面に目がある。彼らは、昼も夜も絶え間なく「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、全能者である神、主、かつておられ、今おられ、やがて来られる方。」 と言い続ける。 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門がある。 都の城壁には十二の土台がある。 この都は四角い形で、長さと幅と高さが同じで、天使が物差しで都を測ると、一万二千スタディオンである。また、城壁を測ると、百四十四ペキスである。これは天使が人間の物差しによって測ったものである。 都の城壁は碧玉で築かれ、都は透き通ったガラスのような純金である。 都の城壁の土台石は、あらゆる宝石で飾られている。 第一の土台石は碧玉、第二はサファイア、第三はめのう、第四はエメラルド、 第五は赤縞めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶である。 また、十二の門は十二の真珠であり、どの門もそれぞれ一個の真珠でできている。都の大通りは、透き通ったガラスのような純金である。 水晶のように輝く命の水の川は、都の大通りの中央を流れ、その両岸には命の木があって、年に十二回実を結び、毎月実を実らせる。 そして、その木の葉は諸国の民の病を治す。 神と小羊の玉座が都にあって、神の僕たちは神を礼拝し、御顔を仰ぎ見る。もはや、夜はなく、ともし火の光も太陽の光も要らない。 神である主が僕たちを照らし、彼らは世々限りなく統治する。 バラモン教の経典ヴェーダ文献によれば、 最高天は「光明、緑陰、酒や美食、歌舞・音楽に恵まれた 理想郷として表象されている」(中村元『ヴェーダの思想』P349) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 死後も生き残る魂(のようなもの)は、 古代から世界各地で、 どこでも見られる現象です。 古代人は様々な空想を駆り立てて、死後も生き残る魂 (エジプトのミイラ、中国の仙人、キリスト教の復活、 インドのアートマン、日本の魂、など)を創造してきました。 死後の世界のような事柄に関しては、どんなデタラメを言っても、 間違っていることが証明される可能性がありません。 どんなにバカらしい主張でも、間違っているとは証明できず、 どんなにそれらしい主張でも、正しいとは証明できません。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14224417439?__ysp=54Gr5pif

1人がナイス!しています