第二次世界大戦の空母って飛行甲板の先端が少し角度がついていますがこれは何故でしょうか?

画像

ミリタリー | 模型、プラモデル、ラジコン145閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:2020/11/18 11:05

その他の回答(1件)

0

今の空母も、下掲の様な長四角の飛行甲板では有りません。多かれ少なかれ、飛行甲板の先端はテーパーがあります: https://warontherocks.com/2020/07/rethinking-the-u-s-navys-carrier-fleet/ 某国の空母の、採用されなかった草案の一つです。どうしてこんな長四角な飛行甲板が採用されなかったのかは、一目瞭然でしょう。

画像

その理由は、出来るだけ軽く(制限された排水量の中で)、飛行甲板の有効な長さを確保すると同時に、駐機や誘導のスペースや、格納庫へのアクセスのエレベーターや、管制塔に相当するアイランドを設置する為の広いスペースを稼ぐ為です。 我が海上自衛隊の「いずも」型よりも、強襲揚陸艦「アメリカ」の方が長四角です。

画像