特許の取得について。 同じ効能(効果)があるもの、 構造は違うが、作用している点が同じような商品が既にある場合、

ベストアンサー

0

ありがとうございます。 >比較対象は、既存製品でしょうか? 普通に考えると、装飾品をつける位置を変えるくらい、 特許のデータベース?みたいなサイトで検索したらあったものです。製品になってるかは不明ですが、少なくとも楽天などではみたことがありません。 その既にある特許アイディアは、装飾品の位置が固定されていて動かせず、かなり邪魔な位置にあるなと思いました。 構造的に動かすことができないのです。 >図面を含む明細書全体のどこかに記載されている事しか、原則として請求項には記載できません。 明細書に細かいことを記載していきますが、それに応じて請求項が増えていって良いのでしょうか?今請求項4まで書いてます。 請求項1 が一番大まかな内容で、2、3…と行くに従って細かい内容になってくという感じですよね。 この辺の概念が理解しきれず、何か良い解説のサイトなどないものかと日々探しております。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変参考になりました。たくさんの返信にもご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2020/11/25 3:52