ID非公開

2020/11/19 3:53

1616回答

車も家電も値引きなしで

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:2020/11/25 12:39

その他の回答(15件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

普通に買ってるだけで「損をしてる」わけじゃなくね? なーんか乞○臭い思考回路だなアンタ。

ID非公開

質問者

2020/11/24 7:44

だって値引きありきの値段設定じゃないですか そのまま値引きなしで買ったら損だと思いますよ 別に人より安くしろなんて思ってません

0

値引き交渉は特に苦痛ではないですが、ゴールがわからないのがモヤモヤします。 ズバリこの値段で売るつもり! というのを書いておいて欲しいです。時間の無駄だもん 交渉できないって損だと思うかもしれませんが 大幅値引きする車種は下取りもその分安くなるんで 値引きがない、もしくは少なかったから損とも一概に言えないですよ。

0

ID非公開

2020/11/19 18:34

量販店で家電買うときもクルマ買うときも値引き交渉しますけど、それが何か?

0

昔のソ連なんか、ナイフから斧からすべて価格が刻印してあったそうですよ(笑)。 社会主義国へ行けばいいかと思います。

ID非公開

質問者

2020/11/19 16:50

えーー!? そんな変なこと言ってますか?

1

実は今の時代,購入者によって値引き幅が大きく違うことはあまりありえません。 例えば,レクサスは一律値引き無しです。それがサービスと考えています。それができるのは受注生産制(注文が入ってから工場で生産開始)をとり,モデルチェンジを長くする代わりに年次モデルとして細かな修正を繰り返しているからです。いつでもどこでも誰でも最良のレクサスを所有できることをサービスと考えています。 他の多くのメーカーも最近は受注生産制を取り入れており,値引き額は少なくなっています。ジムニーのように納車までに時間がかかる車は値引きする必要さえありません。その代わり,納車まで待たされてしまうのが現状です。 一方で,他のメーカーだと,大幅値引きを自慢する書き込みや報告がよくあります。車は値引きして購入するものだと信じ込んでいる人もいます。ただし,これは,スーパー弁当の閉店前大幅値引きと同じ原理なのです。 販売店は,注文を取る前にメーカーに見込み発注をしておきます。そうすることで,本来なら最短でも2ヶ月はかかる納車までの期間が1ヶ月ぐらいに短縮できます。数をこなすと仕入れ価格に差が出たり,インセンティブがあったりします。しかし,見込み発注をかけたのに売れ残った長期在庫車は,不良在庫となります。製造後9ヶ月以内に登録しないと,型式認定だけで無く車検が必要になります。そうならないように大幅値引き販売をするのです。値引きで無く登録して未使用車販売に回す場合もあります。(特に軽自動車。) また,値引きというのは,オプションをつければつけるほど増えます。オプションというのは,社外品に比べて価格設定が高く付けられて入れています。値引き幅が含まれているからです。よって,50万円の値引きを勝ち取るのに,100万円のオプションを装備したりしています。当然,支払総額は増えます。 「損して得取れ」ということばがあります。今は損と思えることでも長い目で見れば得する場合があります。私の知人に,値引き交渉もせずに常に即決で車を購入する人がいます。その人は,販売店にとって超上客です。面倒くさい値段交渉をせずに購入してくれる客は,販売店は大事にしますよね。次もまた購入して欲しいと思いますから。今時ネットで値引き額が誰でも見られる時代に,そういう人に高い値で売りますか?何の値引き交渉をしなくても,販売店自ら他に負けない値引きをしてくれたりします。 自分だけが損をするのは嫌だというのは,特に日本人に顕著に見られる特徴です。他の人と同じということに心地よさを感じるのが特徴的です。これは,販売店もよく分かっていて,上客にそういう気持ちにさせることは避けようとします。 それでも大幅値引きがあるのは,スーパーの特売と同じです。購入した本人が喜んでるので,問題はないでしょうが,実はその車体は長期在庫車だったりすることも多いのです。また,そういう人たちは,車を運転することより,値引きして購入することに生きがいを感じているので,購入後の車体に興味はありません。リセールが高く,値引きが多いことが新車購入の条件です。購入後すぐに次に乗る車を探し,大幅値引きを勝ち取り,そして誇らしげに自慢するわけです。乗り換える度に莫大な税金を支払っていることよりも値引きの額が多かったことに満足感を感じるのです。 独占禁止法など,同一価格に出来ない理由もあります。ただ,それ以上に値引きには色々な理由はからくりがあるのもまた確かなのです。車選びはパートナー選びですから,値下げが車選びの最大の理由になるのは悲しいです。そして何より他人と比較することはもっと悲しいです。となりの女房を羨んでも仕方ないですよね。 ということで,値引きを意識せずに,販売店と有効な関係を築くことが,車選びの大事な要素だったりします。もちろん,そういったコミュニケーションをうっとうしく感じている人がいるものまた事実で,将来的にはネットでポチッと車を購入するような時代が来るかも知れません。

1人がナイス!しています