ID非公開

2020/11/19 14:02

88回答

ペンタックスはまだ生きていますよね。虎視眈々と起死回生の機会を窺っているのでしょうか。さっぱり新型が出てきません。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

なるほど。勉強になりました。

お礼日時:2020/11/24 15:58

その他の回答(7件)

2

親会社の体力次第ですね。C社とN社が実質的にミラーレスに移行すれば、まともに写せる一眼レフはペンタックスだけになります。一眼レフに拘る人もまだまだいるでしょうから、残れるチャンスはあると思います。 (個人的にはKマウント好きですよ。) 唯一無二の「レフファインダー」に期待しましょう。

2人がナイス!しています

3

他人の手を煩わせないと情報を得られないのですか? PENTAX のWEB ページをご覧になれば解かる事でしょ? http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/ 現行機種では中判一眼レフ 645Z も2014年にモデルチェンジしているし、K-70 は2016年、KP は2017年、K-1Ⅱ は2018年、来年は K-3Ⅲ が発売予定。 高そうだけれど、K-1 をしのぐファインダー見え味と豪語しているので K-2 とネーミングしても良いのではないかと思うが...(それはフィルム K2 と紛らわしいよね...) コンスタントに出ていますが...貴方が知らないだけ。 例によってシルバーエディションとかリミテッドとか官公需要機も相変わらず出しているようだし...

3人がナイス!しています

3

APS-Cフラッグシップの新型の発売が遠のきましたねぇ。 メーカーは生きてます。 >虎視眈々と起死回生の機会を窺っているのでしょうか。 いえいえ、RICOHは独自路線です。ペンタプリズムにこだわって一眼レフしか出さないなんて言ってます。 RICOHは、趣味でやってますから、細々でも一眼レフを造り続けます。

3人がナイス!しています

0

HOYAに吸収されて不要になったデジタルと双眼鏡をリコーに譲渡された状態ですからね かろうじてブランドだけが残っている状態で起死回生は不可能でしょうね 韓国企業と提携なんてせずに眼鏡部門を手放した時に解散しておくべきでしたね

1

個人的にはとても応援自体ブランドなのですが、 次の一手を考える時期。 K-7、K-5、K-5ii、ミラーレスはK-01と使用し 味のある単焦点でお気に入りでしたが 一般的な撮影となると少し癖が強く、 スナップ用途専用となってしまったのが残念 元からセンサーはソニー製? なので、武骨で丈夫なミラーレスで、復活してほしい。 と願っています。

1人がナイス!しています