ID非公開

2020/11/20 13:51

55回答

大学1年生です。大学生活が辛いです。 私は一浪して都内私立大学に通っています。地方出身です。

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございます。 「後々大学を辞めたことを後悔する気がする」という言葉にはっとさせられました。 通信は楽、と考えていた自分が恥ずかしいです。 合う病院を探して大学続けていきたいと思います。

お礼日時:2020/11/27 0:01

その他の回答(4件)

0

>大学は全部オンラインですがそれすらもまともに集中できず、課題も期限ギリギリか忘れるかでやばいです。 >気が散りやすい私には向いてると感じています。 ※通信制大学・短大の場合は、 ア)通信教材科目 通信制大学・短大から、テキストとレポート課題集 (例1)教育心理学概説の場合 「アマラとカマラについて、 2000字程度で、簡潔にまとめなさい」 (例2)教職概論の場合 「これからの、教師に求められる役割について、 2000字程度で、話の内容に矛盾がないように、具体的かつ論理的に書きなさい」 ・・・が送られてきますので、 テキストや、町の図書館などで借りてきた本などを参考にし、 宿題の小論文レポートを書き、通信制大学・短大へ郵送します。 各科目の担当教員がチェックし、 不合格の場合は、書き直して再提出。 合格の場合は、日曜日などに、通信制大学・短大のキャンパスなどへ行き、 単位修得試験(中学や高校の中間・期末試験のようなもの)を受験し、 不合格の場合は、後日、次の試験日に再受験。 合格の場合は、 通信教材科目の単位を修得することができます。 イ)スクーリング科目 例えば、夏・冬・春休みなどに、通信制大学・短大のキャンパスなどへ行き、 1科目につき3~5日間程度実施される授業(スクーリング)に参加する。 というタイプの科目です。 →ですが、 通信制大学・短大の場合、 当然、もちろん、 通信教材科目のほうが圧倒的に多く、 入学手続きをして、学費を支払うと、 小さい字でびっしり印刷されている、分厚いテキストが30冊くらい、 一気にドサッと送られてくるだけなので、 そのテキストを読んで、全て独学で全部理解しないといけないため、 (例)「4月15日~19日までで、英語Ⅰのレポートを仕上げて、 4月20日~24日までで、経済学Ⅰのレポートを仕上げて、 4月25日~29日までで、フランス語Ⅰのレポートを仕上げて、 4月30日~5月3日までで、日本国憲法概説のレポートを仕上げよっと!」 ・・・と、 自分なりの、かなり細かい具体的な学習計画スケジュールを立てて、 その計画通りに、きちっとしっかりテキパキササッとやれるのなら大丈夫ですが、 (例)「今日は、親に、家の大掃除を手伝わされて、もう、クッタクタ!!! もう眠いし、 レポート書くのは、明日でいいっか!」 ・・・と、 ズルズルやってしまえば、 →結局、 「翌年の授業料の支払い用紙が、通信制大学から送られてきちゃった・・・。 まだ、レポート1つも提出してないのに、 もう、1年過ぎちゃったんだ・・・。 6年留年して、今、7回目の通信制大学4年生やってて、 合計10年間、通信制大学で勉強したけど、 まだたったのわずか2単位しかとれてないし、 卒業に必要な、残りの足りない122単位を全部とって、無事に卒業できるのは、 このままじゃ、いつになるか・何年先になるか、全然わかんないし、 翌年の授業料、支払うの、もったいないし、 思い切って、 通信制大学も中退しちゃった!!!テヘッ☆」 ・・・といったことにも、なりかねませんが、 それは大丈夫でしょうか・・・・・? ※質問者さんは、 「小さい字でびっしり印刷されている本を読むのが大好き!!で、小論文書くのも大好き!!」 という人でしょうか・・・? →もし、 例えば、 「小さい字でびっしり印刷されている本読むのは大キライで絶対イヤ!!あと、小論文書くのも大キライ!!」 ・・・といった場合、 通信制大学を卒業するのは、 ほぼ不可能です・・・・。

0

ID非公開

2020/11/22 1:53

お邪魔します 某大学の通信課程の卒業生です ご病気や生活の事は解りませんので、通信課程の部分だけご案内します さて、所謂「Fラン」と呼ばれるような大学で続かないような人は、通信はまずまず続かないと思います というのが、通信は自由度が高すぎて、一度緊張感のスイッチが切れてしまうとそれっきり入らない可能性が高いです その・・・ 高校の通信課程は、学習の到達度についてはある程度甘めに見てくれると伺っておりますが、大学の場合はその辺は遠慮はありません 大学(というか教授)が設定した到達目標に達していないと、バッサリと落とされます その辺は、通学課程の方が通信よりも交渉の可能性はありますが、通信にはその余地がありません なので、悪いことは申しません 大学を卒業したいなら、今の大学で頑張られるべきです どうしても頑張れないなら「大学そのもの」を諦められる方が、精神衛生上宜しいかもしれません とにかく、お大事に

0

「回答」にふさわしいかは自信がありませんが・・・以前、朝日新聞の「折々のことば」という欄にこんな記述がありました。 「空間の中に静止する一点の位置を決定するだけでも3つの数字が必要である・・・物理学者、寺田虎彦の随筆より」とあり、その解説として 「世の中は比較を好み、人に優劣を競わせるが、優劣は「一つの線状尺度」でしか決めようがない。空間上の位置でも3つの軸を必要とするのに、人の力量や自由度ともなれば、比較の軸も3つにすら絞れ込めないと、物理学者は言う。人に無理やり共通の軸をあてがうより、その差異やコントラストに着目するほうが、人は生きやすいに決まっている。」 人間の能力や人格や教養や知識・・・つまり総合的な人間の優劣など簡単に決まるものではないし、ましてや点数という数量化された物差しで人間の内容が知りうるはずもない、と私はおもいますよ。 だから「数字が人格」などと思い込むことは幻覚なのです。 「われわれが知識の空洞を満たすに従って、いつも新しい空洞が、またもや口を開くのも疑えない事実である」・・・これは無政府主義者、クロポトキンの記述ですが、知識や教養を深める作業(読書)を放棄してしまえば次に知識を更に掘り下げるべき空洞が目に映らないのです。 学歴など東大であろうがFランクであろうが高卒であろが気にすることはないのです。自分自身がどの環境に置かれていようと、「空洞」に気づけるか否かが問題なのです。今あなたが落ち込む必要はまったくありません。