パワーメーターについての質問です。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まさに1番わかりやすい回答をありがとうございます。 今後はもっと具体的に質問をさせていただきます。

お礼日時:2020/11/21 9:39

その他の回答(3件)

1

普通、無線機において「パワー」と言えば 送信時、無線機からアンテナに供給する電力のことです。 「送信出力」と言ったり、電波法などでは「空中線電力」と呼ばれることもあります。 いずれにしても「電力」であり、その単位は [W](ワット)です。 「パワー・メーター」は 日本語では「電力・計」であり 「ワット・メーター」も 日本語では「電力・計」です。

1人がナイス!しています

1

aib********さん こんにちは。 パワーメータとワットメータは、無線業界では同じ意味で、高周波電力を測定するための測定器です。 このうち、通過型電力計と、終端型電力計という物があります。 通過型は、 送信機(トランシーバ)→通過型電力計→負荷(アンテナやダミーロードなど) の順につないで送信機の出力電力を測定する物ですが、同軸ケーブルの長さ、負荷の抵抗値やリアクタンスなどによってSWRが変化し、誤差が生じやすくなります。ただし、小型軽量にできるのでお手軽に使えます。 終端型はダミーロードと電力計を一つにまとめたもので、 送信機(トランシーバ)→終端型電力計 または 送信機(トランシーバ)→電力用アッテネータ→終端型微小電力計 のように直接つないで電力を測る物で、誤差がある程度小さく安定した測定が可能です。ただし、ダミーロードも内蔵しており、重く、大型になりがちで可搬性が低くなります。 従って、通過型は誤差は大きめだがお手軽に使え、終端型は誤差は小さめだが重く使い勝手が悪くテストベンチ用、というような点で使い分けられています。 もちろん、 送信機(トランシーバ)→通過型電力計→ダミーロード という構成でも、比較的正確な測定ができます。 私の所では2.5kWまでのダミーロードや、通過型電力計でリニアアンプの試験などをしているほか、普段は写真のような安価な通過型電力計で出力をモニタしています。 ご参考まで。

画像

1人がナイス!しています

1

「パワーメーターで測定するものとワットメーターで測定する無線機があるのでしょう?」 意味不明の質問です。質問者さんが言っている「パワーメーター」と「ワットメーター」とは何のことですか?。高周波電力を測る終端電力計と通過型電力計のことを言っているのでしょうか。でも、それぞれは無線機とは別の装置ですよね?。あるいは消費電力を測定するものですか?。

1人がナイス!しています