ID非公開

2020/11/21 8:01

1111回答

一番最初の天皇って

日本史68閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(10件)

0

それは「幽顕分任之神勅」があるからです。 『古事記』『日本書紀』によれば、天照大神が神勅を発しました。「見える世界の顕世(うつしよ)は私(天照大神)の皇孫が行うようにしてください。一方、見えない世界の幽世・幽冥(かくりよ)は、出雲大社の大国主大神が主宰なさるように」というものです。 これにより天照大神の子孫が天皇として見える世界の政治(まつりごと)を 行うようになりました。 その一方、幽契により、大国主大神は幽冥主掌大神(かくりごとしろしめすおおかみ)となり、目に見えぬ神の世界や死後の世界などを総支配され、出雲大社に御鎮座されました。

0

天照大御神ーの孫が日鉾邇邇芸命がこの高千穂の地に天孫降臨して此花咲夜姫との間にできた子供が海幸彦山幸彦でその子孫にあたる建鵜萱吹遭尊が、 九州の伊都国から息子の磐余彦をつれて大阪湾まで東征に出かけてナガスネヒコとの戦いに負け、遠く畿内半島をまわり熊野灘から上陸して奈良の地に入り戦いを勝利して、磐余彦は奈良の橿原の地(橿原神宮)に第一代の神武天皇として即位します。そこから世襲します。 つまり神の末裔であり現在まで万世一系であります。

0

元々が天照大神の直系です。それが日本を統一しようと言ってもっとも日本が平和を維持できる中心地に向かっていっただけの話。これは古事記に書かれています。もちろん平和裏に委譲した豪族も居れば抵抗した豪族も居て、神武天皇の兄君は手傷がもとで亡くなりました。 そして地方豪族らはみな天皇を仰ぐことで一致団結してきたという事です。 天皇が力づくの政権でないことが日本がまとまった大本なんです。 西欧では専制君主制を布いたからトップ争いがいつまでも続いてきたんです。

0

初代の天皇は自ら即位しました。 自分で「俺は天皇になる」と宣言したわけですが、それを正当化するために、アマテラスやイザナギ・イザナミの神話ストーリーを長々と書いて、その子孫が九州から東遷して大和に侵入して、地元の豪族を征服したことになっています。 詳しくは、「日本書紀」や「古事記」が参考になります。