江戸時代以前の人物画で眼鏡をかけた画を見た事がないですが、当時、視力の悪い人はどうしていたのでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/25 21:07

その他の回答(1件)

0

現代のように細かな文字を呼んだりする機会がないから、 通常の近視や乱視などであれば、メガネが無くとも、 日常生活で不自由は無かったでしょうし、 目を酷使しないから、そもそも、後天的な視力低下をする人も、 少なかったはずです。 生まれつき、視力の極端に弱い人は、 盲人として扱われて、武士などの子弟の場合は、 僧侶になったししたのだろうと思います。