本当に素朴な疑問なのですが、モデルガンにしろエアソフトガンにしろハンドガンはフルメタルを厳しく規制しているにも関わらず、

補足

皆様ご回答ありがとうございます、概ね隠し持てて犯罪に使い易いというご回答が多いですが、犯罪に使い易いかどうかは別として強度の問題はあるにしても改造可能であろう長物フルメタルが野放しというのがどうにも腑に落ちません。

サバイバルゲーム | ミリタリー126閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/23 0:28

その他の回答(5件)

2

要は銃刀法の中の『模造けん銃』の項の存在です。 けん銃(拳銃)型の金属性トイガンについて金属製主要外装部品に対する扱いを定めてあるのですが、あくまで拳銃型についてであって長物は規定されていないので拳銃型に対する規制になっているのです。

2人がナイス!しています

1

犯罪云々が述べられてますが、現在トイガン化されてる長物は、ほとんどは実銃でさえ日本国内には所持者は居ないであろうモデルだからじゃないですか? 例えばHk416にしても、暴力団でさえ持ってるとは考えにくいです。 バレットやドラグノフ然りでしょうね。 素人考えですが(笑)

1人がナイス!しています

2

隠しやすいかそうでないかでしょうね

2人がナイス!しています

1

ハンドガンは、隠し持つ事が出来るので 犯罪に使われやすい事と、さらには 「長物に比べ改造しやすいから」・・でしょうね。 八王子戦争など、ヤクザの抗争が激化した頃、 改造拳銃が多く出回り、多くのヤクザが暴発により 指を吹き飛ばしましたので、特に拳銃に関しては 厳しくなったのかも知れません。

1人がナイス!しています

0

ハンドガンでフルメタルが禁止され、ライフルではフルメタルが禁止されていいのは、゛携帯しやすいか否か゛のようですね。 ハンドガンは、胸ポケットでもバッグの中でも隠し、犯罪に悪用できますが、ライフルだとそう簡単には隠しながら持ち運べない。 だから、フルメタルのライフルは放置されているそう。 本当かは保証できませんが・・・