新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

回答受付が終了しました

転職について。 まず私のことについて軽く自己紹介させてください。 私は小学1年から大学4年までスポーツをやっていました。

転職 | 一人暮らし、シングルライフ55閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(7件)

1

運用・保守なら、少なくとも最初はそんなに難しいことやらないんじゃないかな。 たぶん、マニュアルがあれば出来ちゃうレベルかも。 ただとは言っても「エンジニア」なので、勉強する姿勢は持って欲しいです。 重要なのは、得意か苦手かじゃなくて、やる気があるかないです。 その道で頑張って勉強続けてキャリア積んでいけば、やがてサーバーやネットワーク構築とか高度なことをするエンジニアにステップアップしていけると思います。 これはチャンスだと思います。 ちなみに、私が以前いた会社には、元土方とか、元トラックの運ちゃんとか普通にいましたよ。学歴も高卒で。 元調理師のエンジニアとかもいましたね。 要はやる気次第です。

1人がナイス!しています

1

スポーツで鍛えた精神、当たって砕けろですよ、失敗しても腹切れとは言われません、そのかわりどんな仕事でもなれるまで(自信がつくまで)5年10年はかかります、それまで耐えれるか耐えれないかは、、、ガンバ(根性で)

1人がナイス!しています

1

ID非公開

2020/11/22 17:49

せっかく就職できそうなのですから、頑張ってみられた方が良いと思います。 また転職、はない方が望ましいですが、 その時に、職歴がバイトより、正社員の方が良いですし、仕事がなくて困っている若者も多い中、ラッキーではありませんか… 仕事は、どんな仕事でも、 思っていた仕事と違っても その職についたのなら、 精一杯、努力すべきです。 しばらくは、慣れずに苦労されるかもしれませんが、 バリバリ仕事をしている人達も、初めは皆、通る道です。 自分の持つ技術や特技を 職場で充分に発揮できる環境につける人は、そう多くないですから… 失敗して叱られても、努力を続けてみて下さい。 スポーツをずっとされてこられた方なので、 ガッツは充分でしょう。 退職は、本当にどうにもならない時でも、遅くないですよ。 私も就職した時、聞いていた内容と、全く違っていたことがあります。 医薬品部門の研究所に配属され、さっぱり内容が分からず、苦労しましたが、続けて良かったと思っています。 頑張って下さいね。

1人がナイス!しています

1

インフラというのは例えば水道とか道路とか、生活する上で必要なものになります。 そのエンジニアですからそういったものの技術者。新たにどうこうというのではなく維持という形かと思います。 PC関係というとサーバーだとかウェブサイトの更新など PC関係の仕事の大変なところとしては眼の負担が挙げられます。 あなたはスポーツと英語が得意なのであればスポーツ施設などやスポーツ用品店などはどうかと思います。間接的に関わるとしても、そっち方向のほうがあってるかもしれません。 例えば、甲子園球児だったアナウンサーがプロ野球実況などしていると、活かせていると考えられます。

1人がナイス!しています

3

その仕事だと、ビルメンテナンス、工場施設の管理、機械の保守、鉄道の保線、ネットワークエンジニアなどの仕事が該当します。 仕事によっては交代制や夜勤もあります。 博士レベルでの高度な専門的技術は要求されませんが、自分の考えとしては、物事を順序だててできる人、コツコツ一つ一つの仕事をしっかりこなせる人、新しい技術もそこそこに受け入れられる人が向いてます。

3人がナイス!しています