ID非公開

2020/11/22 14:28

44回答

現在59才で障害年金を受給している会社員です。

年金 | 福祉、介護98閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/11/22 17:00

現在 障害厚生年金の受給権がありますが、65才になる前に障害年金が支給停止となった場合は老齢年金の繰り下げをできますか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすかったです。

お礼日時:2020/11/23 7:56

その他の回答(3件)

0

https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=85001000&dataType=0&pageNo=1 【国民年金法】 (支給の繰下げ) 第二十八条 ただし、その者が六十五歳に達したときに 他の年金たる給付(他の年金給付(付加年金を除く。) 又は厚生年金保険法による年金たる保険給付 (老齢を支給事由とするものを除く。)をいう。 以下この条において同じ。)の受給権者であつたとき 又は六十五歳に達した日から六十六歳に達した日 までの間において他の年金たる給付の受給権者と なつたときは、この限りでない。 『受給権者』であったときと定められているので 支給停止状態は権利者ではある。 そのため、老齢年金は繰下げできない。

ID非公開

質問者

2020/11/23 7:54

法律の条文ありがとうございました。

0

障害◇◇年金を受給していると、老齢〇〇年金の繰り下げ受給は 選択できません。老齢▲▲年金と障害■■年金の組合わせを 選ぶことになります。

ID非公開

質問者

2020/11/23 7:54

ありがとうございました。

0

ID非公開

2020/11/22 14:43

障害と老齢は、「障害基礎年金+老齢厚生年金」の組み合わせに限り、65歳以降は併給されます。 「老齢基礎年金+障害厚生年金」の組み合わせでは併給されませんので注意してください。 また、65歳時点ですでに障害年金や遺族年金を受給する権利がある場合、老齢基礎年金も老齢厚生年金も繰下げができません(ただし、障害年金のうち障害厚生年金がなく、障害基礎年金のみの受給権がある場合は老齢厚生年金の繰下げが可能です)。

ID非公開

質問者

2020/11/23 7:55

ありがとうございました。