近代以前の日本の商人の呼び方について。

日本史 | 歴史12閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました!

お礼日時:2020/11/28 20:00

その他の回答(1件)

1

商人には苗字がないので屋号で呼ぶのが普通です。「越後屋さん」・「伊勢屋さん」 商人には諱を付ける風習がなく、当主になると先代の名前を踏襲するのが一般的です。

1人がナイス!しています

商家にも武家のように代々名前に使われる「通字」というのがあって、例えば手代の頃までが「幸吉」であれば番頭クラスになって「幸蔵」のようになり、当主になると「幸右衛門」のように名前を変えます。