ID非公開

2020/11/23 10:19

77回答

私は趣味で絵を描いているのですが、

絵画 | 美術、芸術76閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

絵は、しょせん、大昔の芸術です。 あの時代は、絵ぐらいしか無かったのです。 現代は、ゲームしながら、美術を楽しむことが出来ます。 ゲームは、絵画芸術を、超越したのです。

画像
1

私も絵を描くのは大好きですが いわゆる芸術的絵画に感動はしたことないかも それより美男美女とか美しい犬とか見ると描きたくなる 絵画より漫画の絵に感動したりする 美しい景色に感動します 絵画より自然がみせる一瞬の奇跡のほうが感動できる それを絵にする それで良くない? きっと画家もそれを表現してもしきれなくて悶えたんだろうな~て共感しながら見るのは好き。

1人がナイス!しています

1

>今までどの絵をみても →世の中に存在するあらゆる絵を見ても感動しないと言うのなら、確かに描いていてもつまらないですね。 「自分が感動した風景や物や人物を、自身の手で作る」。 これこそが絵を描く喜びですから。 でも、世の中にある全ての絵を見たのでしょうか? 自分の感動の引き金が何処にあるかは、「分からない内は分からないでしょう」。 もし、全ての絵を見た訳では無ければ、先ずは、そちらの探求に精力を傾ける事をお勧めします。 必ず感動する絵に巡り会えると思います。 「人間ですもの」。

1人がナイス!しています

1

音楽は大衆的であり 皆がそれぞれの好きがありわかりやすい 絵に感動できるのは より想像力にあふれ感受性が鋭い人が 影響うけるのでしょうね 美術館に見に行く人は2通りあり ただ見て、技術などにフムフムという人 もう一つは 絵の内側(美術館にある絵自体からはずれた別の世界)にあるものを感じ取る人 美術評論家の坂崎乙郎がこういっている 「一つの現実世界がここにあるとすれば、その外あるいは遥か彼方になにか自分の一つの世界をつくるのが本当の絵描き 現実世界の外側にあるいは彼岸に小さな宇宙を築くことのできる人たち この小さな宇宙が、何人かの人間に感化をおよぼしていく」 つまり感動できる人もある意味作家側の資質を持った人なのだと思う 読書なんかもそうだが、本当に自由に読書を楽しんでる人は作家が意図してなかった解釈を広げ作品の宇宙を広げている 受け身だけでは作品は表層的にしか見えない 感性なんて人それぞれ千差万別、作者がこれといった枠内でみることしかしなければそりゃわからない人が多く出てくる そして、そこで諦めてしまう人があまりにも多い わからないからこそおもしろい それぞれの感じ方で見る側も創作にかかわり、これはあーなんじゃないかなこうなんじゃないかなと思い巡らし想像の宇宙にはいっていく 感動はそこにあるものではない、見る側も作家となり、思い巡らし、作り上げていくもの そうやって作品をみていくとより深みがでるのでは 音楽は向こうからスッと入ってきて心を揺り動かしてくれるけど 見る芸術は、絵を見て「あっ」となるのは扉にすぎず、そこでこちらから中にはいって感じ思い巡らし自分なりにおもしろがっていくものなのかなと

1人がナイス!しています

2

そうやって絵に関連する自分語りが したくなる時点で 十分絵が好きですよ。 Twitter見てもよく絵を発表する人ほど バズるコツだの 需要の有る時期の見極めだの サイト別バズる絵調査結果だの 何かしら語ってますからねえ。

2人がナイス!しています