新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナのワクチンを日本が作れない原因って、研究力とか資金力や治験数が原因なのでしょうか。

政治、社会問題 | 株と経済48閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

1

テラ→メキシコで治験中 アンジェス→ようやく治験開始 実は昨年あまり日本では流行らなかったので治験ができなかった アメリカだとそろうからのー そもそも、開発し始めの実験台になってくれる人なんてのは ①社会貢献したい人 ②金がなくて5万円くらいで実験台になる人 だからのー

1人がナイス!しています

ワクチンの治験の場合、4万人は必要 今回、アメリカでは2万人に減らしてるが、つまり統計論からするとほんとは現段階ではどうかのー ということでしかない あれだけはやって、治験に応募してくれる人はそれだけしかいない(一日の感染者数であるのにもかからわず) では日本の感染者は今年の冬ようやく流行したので 治験者がそろうというこっちゃのー アンジェスは9月ごろにはできてたと思うが、治験者がそろわなかった

1

作っていますし、頻繁にうんともすんともいっていますし、テレビでも報じられています。 ゆっくりではありますが、着実に進んでいます。 あなたが知らないだけです。 比較的進んでいる阪大のワクチンは、9月にフェーズ1/2の臨床試験に入り、10月に完了しました。 年内にはその結果の速報が発表される予定です。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=69836 https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/release/20/10/13/09634/ https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_8548.html それで問題なければ、より大規模な臨床試験に入ります。 フェーズ3かどうかは不明ですが、人数から言って、まだちがうかもしれません。 いずれにしても、重大な副作用が出ず、かつ、効果があるようなら、つぎの段階で、利用承認申請に進みます。 ワクチン開発には、本来、年単位の時間がかかります。 毎日毎日、アップデートして、毎日毎日、大ニュースになって、あっという間に完成する魔法ではないのです。 当然、巨大製薬会社の開発力とか、大学のスタッフの厚みとか、圧倒的な差はありますが、それだけではありません。 アメリカでは、以前から、こうした事態を想定し、ワクチンを一気に開発する体制を準備し、予算を使える仕組みがありました。 だから速いのです。 トランプが、ワープスピードだ、と言ったからでは、もちろん、ありません。

1人がナイス!しています

1

作れますが、承認されないだけ 承認の有無を判定する側が日本側ではなく、外国に目が言っている方々だと言事です。

1人がナイス!しています