ID非公開

2020/11/24 3:16

22回答

クラシック音楽CDをリリースなどする、世界的トッププロの、ヴァイオリニストとピアニストの、重鎮の年長の演奏家さんの、

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/11/24 5:02

そうなんですね。ありがとうございます。 そうなると、クラシックの未来はどうなるのでしょうか。 誰が演奏して行くのでしょうか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

1つの大多数の多数派の見方と考え方として、少しわかりました。 しかし、イマイチ、スッキリ、ハッキリしてこない、よくわからない事柄でした。 実際どうなんでしょうか。疑問は残ります。 とりあえず、期限も近いので、閉じさせていただきたいと思います。 皆様ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/30 1:34

その他の回答(1件)

2

いちばんの問題は、コンクールなんてものがあるせいで、 出てくる人出てくる人皆似たような演奏でつまらくなっていること。 チョ・ソンジンは、第17回ショパン国際ピアノコンクールで優勝した際には、 「コンクールではコンクール用の演奏していた」とまで言いきっておりました。 技巧派ヴァイオリニストで有名なギル・シャハムは、著名なコンクールには出場しておりません。 彼によると、「コンサートは純粋に音楽を聴きに来てくれるにに対し、コンクールはミスを探しに来るから」とのこと。 昔は、個性豊かなピアニスト、ヴァイオリニストがたくさんいました。 それは、コンクールなんてものがなかったからです。 そろそろ、クラシック音楽界に於いて、コンクールで優勝しないと大手レコード会社と契約出来ないみたいな制度を見直すべきでしょうね。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/24 5:02

そうなんですね。ありがとうございます。 そうなると、クラシックの未来はどうなるのでしょうか。 誰が演奏して行くのでしょうか。