ID非公開

2020/11/24 22:25

55回答

海上自衛隊のこれから建造される護衛艦はイージス艦だけですか?はたかぜ型護衛艦のようなイージス艦以外の艦は作らないのでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/30 23:18

その他の回答(4件)

0

お値段が高いのでそんなことはデキません。 イージス艦は今後作られるのはアショアの代わりとして数隻、そしてこんごう型の代艦の4隻ぐらいでしょう。 それ以外は通常の汎用護衛艦となるでしょう。 3900トン型護衛艦、FFMについてはステルスを意識された形状になっています。未来的というか割と現代では標準的ですね。アメリカの沿海域戦闘艦やズムウォルト級をはじめ各国の新型は割と似たようなデザインです。 今後はFFMのベースライン1を基にベースライン2以降や他のDDにも反映させていくでしょう。

0

イージス艦とは、イージスシステムとBMD弾道ミサイル防衛システムをそなえた艦の事で、こんごう級(4隻)、あたご級(2隻)、まや級(2隻)だけを言います。 はたかぜ級は、まや級と交代します。ですので今後これらのミサイル護衛艦はすべてなくなり8つある艦隊に1隻づつイージス艦が配置されて4隻の空母とともに日本の艦隊が構成されます。 くまのは、3900トン型FFMと言われる最新鋭のフリゲイト(駆逐艦よりもちいさい)の2番艦で1番艦も同時に建造しています。あぶくま型、はつゆき型等と交代します。 形は完全なステルスで今後はこのような形になります。てっぺんのマストにはOPY2多機能レーダーが装備され、VLSは32セル装備で対空、対潜と多機能な性能を誇ります当面の建造は7隻ですが予定では22隻を改変していく予定です。

0

イージス艦だけではありません。 イージス艦は価格が高すぎるし、補助艦艇も必要です。

1

FFM型護衛艦が今後22隻建造されます。その2番艦が「くまの」です。1番艦はまだ建造中です。イージス護衛艦はイージス・アショアの代替として2隻が建造されるかも知れません。別の代替措置が決定されたら新たなイージス護衛艦は建造されません。

1人がナイス!しています