回答受付が終了しました

スタインウェイは音が柔らかいだの言いますけど木材に拘って1000万円のスタインウェイを買うぐらいなら、

回答(10件)

0

名だたる高級ブランドピアノの最低価格が1000万円になってしまいました。でも、その火付け役がヤマハだったと思っています。 私は、ベーゼンをヤマハ傘下になる前に買いましたので、500万円位で買えましたが、ヤマハの傘下になった途端同じものが400万円アップの900万円になったのを覚えています。 それから、あれよあれよという間に、ベーゼンに続けとばかり、スタンもベヒも値上がりして、今となっては買えないピアノになりました。 もう一つ、スタインウェイの第二ブランドのボストンは、スタインウェイの半分の価格まで値上げする予定だと、当時から、聞かされていました。 まだ、実現していませんが、皆が馬鹿にするボストンは、今は200万円で買えますが、将来は500万円になっている可能性があります。ただし、スタインウェイという会社が倒産せずに将来まで生き残っておればの話ですが・・・

0

1000万と言いますが、値段が以前より2倍近くに値上がりしているのは 異常だと思っています。そういう意味で、心情的には理解できます。 電子ピアノと生ピアノの比較はいかがなものでしょうか? それくらいの聴き分けは誰でも出来るのでは? スタインウェイの音が柔らかいのは、ごく一部の個体のみです。 特に、ハンブルク製のものは、個人的には硬く感じられます。 よく鳴るピアノだとは思いますが。 音楽(ピアノ)って、そもそも、ちょっとした僅かの違いや変化に 意味があるものではないでしょうか?1ミリの違いにこだわる世界 なのでは? 硬い音だと、鍵盤が深く感じられ、柔らかい(こもった)音だと 鍵盤が浅いように感じられる傾向にあります。 つまり、客観的に聴く音よりも、実際に弾いてみて感じる音や感触(弾き心地) の方が、違いとしてハッキリわかると思います。 ストラディやピアノの違いが聴き分けられないのは、奏者の責任もあると 思います。楽器に身を委ねて音を鳴らすとは限らないからです。 昔、江藤俊哉が各ブランドのヴァイオリンの比較演奏をし、どれがストラディ かを当てる催しをテレビで見ましたが、あのクセのある江藤氏の鳴らし方では、 別ブランドの響きの方が良く聴こえてしまうこともあり得るでしょう。

0

みんなそれぞれの意見があり面白いですね。 特に1000万円が95点、二千万で100点という感じでは自分もそのように考えていました。 質問に対する自分の考えですが、 やっぱりアコースティックと電子音の違いが大きいですよね。これはピアノ弾きなら実際弾き比べたらすさまじい差で、皆本物のピアノを選ぶと思います。 スタインウェイだけではなく、ベーゼンやヤマハCFなども近い価格しますよ。確かに高すぎるとは思いますが、中古もありますし、欲しいと思う人が多いのは分かります。

ただ、スタインウェイは柔らかいかな?確かに柔らかい音から鋭い音から万能ではありますが、 柔らかさで行ったらベーゼンやブリュートナーが特化している気がします。 スタインウェイは低音が分離してるかのような、体に響く強い低音、高音はキラキラ輝くような音が特徴だと思います。それはボストンピアノも持っていますが、全体のまとまりとか余韻の綺麗さがスタインウェイはすごいんですよね〜

0

「豚に真珠」「猫に小判」という言葉が有る通りですが、具体例を出すと削除されるので出せません。 >貴族の客観性が欠如した自己満足な贅沢品 ★歴史的には「軍事技術と貴族社会」が「文化・科学技術」を作って来ました。後者で極端なのは「エジプトのピラミッド」です。

1

スタインウェイは優れたアクションを備えているので、それだけでも価値があります。 電子ピアノではタッチコントロールが効かないので困ります。 そもそも合成音ではなく楽器の音を聞きたいのでアコースティックピアノを弾いているわけです。 2~3百万円のピアノを80点とするなら、5百万円のピアノは90点、1千万円で95点、2千万円くらい出すと100点に近い物が手に入ると考えれば良いと思います。 リーズナブルとは言い難いですが、物の値段というのはそういうものでしょう。

1人がナイス!しています