甲子園でのサヨナラ負けで 印象に残っている高校はどこですか? 個人の意見をお聞かせください!

高校野球 | 野球全般72閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

出てない中では平成9年春の奈良・郡山高校。 9回裏、1点リードの二死満塁、ショートゴロで試合終了かと思いきや遊撃手がトンネル。二者が還り函館大有斗が逆転サヨナラ勝ち。悲しき結末とアナウンサーが言ってたのが今も耳に残っています。

0

1984年第66回全国高校野球選手権大会、境高校VS法政一。 境の安部投手は9回終了時点で無安打1四球も打線の援護に恵まれず、10回裏法政一高校の末野がサヨナラ本塁打。 ノーヒットノーラン目前から1安打敗戦投手に。

0

1977年、東洋大姫路の4番安井捕手が延長戦で打ったサヨナラ3ラン。 太田幸司以来の甲子園のアイドルになり、バンビと呼ばれた東邦の一年生の美少年坂本投手から打った、後にも先にも決勝戦で唯一のサヨナラホームランは坂本投手を応援していた私には衝撃的な痛恨の一撃でした。

0

昭和53年中京、思い出したくもない。 宇部商藤田くん、最後よくわからなかった。 東邦上宮。ラストはまさに高校野球を象徴する映像だった。