回答受付が終了しました

新幹線ってなんであんな分かりにくいネーミングなんですか?

鉄道、列車、駅 | 鉄道ファン366閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

2人が共感しています

回答(12件)

3

新幹線は、全部、「特急」です。 ◆東海道新幹線は、 東海道本線の「特急専用路線」です。 ◆山陽新幹線は、 山陽本線の「特急専用路線」です。 ◆九州新幹線は 鹿児島本線の「特急専用路線」です。 ◆東北新幹線は 東北本線の「特急専用路線」です。 ◆上越新幹線は、 高崎線・上越線・信越本線の 「特急専用路線」です。 ◆北陸新幹線は、 北陸本線・信越本線の「特急専用路線」 です。 ●山形新幹線の福島駅-新庄駅間 秋田新幹線の盛岡駅-秋田駅間 は例外で、 ◆福島駅-新庄駅間は 奥羽本線の レール幅を1067mmから1435mmに 変えただけで 在来線の奥羽本線と 何ら変わりありません。 ◆盛岡駅-秋田駅間は 盛岡駅-大曲駅の田沢湖線 大曲駅-秋田駅の奥羽本線 の レール幅を1067mmから1435mmに 変えただけで、 在来線の田沢湖線・奥羽本線と 何ら変わりありません。 ですから、 福島駅-新庄駅間は 盛岡駅-大曲駅-秋田駅間は 車輪幅1435mmの車両の各駅停車の 普通列車も走っています。 つまり、 山形新幹線・秋田新幹線は 特急専用路線ではなく レール幅1435mmの在来線を 走っているのです。 ◆ですから、 福島駅-新庄駅間の山形新幹線 盛岡駅-秋田駅間の秋田新幹線 は 在来線特急と同じ最高速度は 時速130キロで 特急料金は、在来線特急と同じです。 (新幹線特急料金より安い) ●ですから、 新幹線は、全部、「特急」なので、 新幹線は、愛称名で 停車駅の多い、少ないを 区別しているのです。 ◆「こだま」は、「特急」なので 決して各駅停車ではありません。 ◆東海道新幹線は、 *停車駅の多いのが「こだま」 *停車駅が比較的少ないのが「ひかり」 *停車駅の少ないのが「のぞみ」 です。 ◆山陽新幹線は *停車駅が多いのが「こだま」 *停車駅が比較的少ないのが 「さくら「ひかり」 *停車駅の少ないのが「みずほ」「のぞみ」 です。

3人がナイス!しています

4

そもそも新幹線は全て「特別急行」こと『特急』です 普通列車(快速含む)ではありません 急行と特急及び指定席のある列車は予約システム上列車名が必要であるというのが列車名が付く原因 東海道新幹線はまずこだま、次にひかりが誕生し、JRになってから最速にのぞみが増えて今に至ります 昔の名称に足して行った結果とも言えます

4人がナイス!しています