ID非公開

2020/11/29 8:04

88回答

戸建てにお住まいの方に質問です。

補足

回答ありがとうございます。 豊中市で岡町駅徒歩15分、土地40坪、建物30坪です。 大阪市内では無いので固定資産税はそれ程高くなく20万円程度と見ていたのですが…。 今更ながら不安になって来ました。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(7件)

2

意味不明の積立はやめましょう。金に名目は関係ありません まず生涯の支出と収入を整理し、金の動きを見てください。 「10年後に貯蓄から1000万払う必要がある」なら、月平均は約8万円。その内訳が固定資産税なのか修繕費なのかはどうでもよいです。 意味をなすのはあくまで「数字」です。 細かい話に思えるかもしれませんが、「~~用の積立」のような管理をしていると、全体像が見えなくなります。

2人がナイス!しています

1

固定資産税とは別に、とりあえず3万は住宅予備費として積み立てるようにしています。 でも、本当に何かあった時は全然足りないと思ってます...(T-T)

1人がナイス!しています

4

基本的に3万円で良いのでは。 保険は耐震等級や保証内容等で大きく変わって来ます。 固定資産税も減額期間終了後には上がります。 維持費は陽当たり等 立地に左右される部分も有りますが、基本的には採用された外壁材や住設にもよるでしょう。 15年目辺りが最初に訪れる山場でしょうか。 給湯器やエアコン、食洗機、コーキング等 ある程度 予定しておいた方が心が休まるかもしれません。 何よりも一番重要だと個人的に思うのは、施工先が健全にいつまでも経営して残ってくれている事 家を建てて後は家守りとして 良きお付き合いをしておく事がメンテナンス難民になって訪問業者の餌食にならないポイントかと。

4人がナイス!しています

2

固定資産税が20万なら少し足りないですね。 マイホームは車と同じで築10年過ぎてから色々な不具合が発生します。 外壁塗装(80~200万円)、シロアリ処理(10~15万/5年周期)、エコキュート更新(50~100万円)、食洗機更新(10~20万円)、IH更新(10~20万円)、換気扇更新(1~2万円)、インターフォン交換(2~3万)、畳の交換(10万)等 それ以外にも家の修繕やリフォームがあれば都度出費が発生します。 その頃には車の買替や子供の学費・塾の費用・大学費用の貯蓄等にも備える必要があります。 つまりマイホームを購入したら出来るだけ貯金して将来の出費に備えた方が良いです。

2人がナイス!しています

1

1平米当たり・固定資産税6千円に換算擦れば 165平米で50坪で年間支払額・③十万円と

1人がナイス!しています