なぜベーシックインカムに反対するのですか?

政治、社会問題 | 情報番組、ワイドショー30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/30 13:59

その他の回答(4件)

0

考察してみます。 BIでは働かなくても収入があります。ただし、働けば働いただけ収入が増えるという意味では、生活保護よりも労働へのインセンティブがあり、働かないという選択を行う者は、少数であると考えられます。 問題は、働く先かと思われます。最低限の収入を得ているため、労働の種類については選り好みが発生する可能性があるということです。この場合、つらい仕事や単純労働が避けられるかもしれません。そのため、国民生活に必要なサービスが提供できなくなったり、特定の産業が衰退する可能性はあります。 国としてのGDPは労働によって生み出されているため、その富の創出がうまくいかなくなれば、BIのための税収を得ることも困難になることも考えられます。そうなれば結局BIの維持は不可能です。 仮にロボットが働いて最低限の生産を代替する世界が実現するのであれば、もう少し可能性はあがるかもしれません。

0

現実的に無理だから ①予算的問題(実施国レベルの様に消費税率20%超は必要) 到底依頼が得られるとは思えない。 ②ベーシックインカム=国と国民との間に信頼関係が無いと成立しない。 到底今の日本じゃ無理。 ベーシックインカムの最大のリスクは、国民の生活が全て国に託される点。 国が不祥事を起こし、財源が無くなったら、国民生活自体が破綻し、国民全員が路頭に迷う。 既に実施している国は、政治への参加意欲が高い。 (不祥事が起こらない様チェックが必要だから) 今の日本人の政治への関心度では、到底無理。 ただ当制度自体は悪いとは思わない。 これから新たに建国~制度設計するような国なら合っていると思う。

1

> なぜベーシックインカムに反対するのですか? ベーシックインカムはただで国民に一律のお金を配る事しか報道されませんけど、もちろん国がそんな「ただ」な事はしませんよ。 赤字国債を大量に抱える国がただではお金を配りません。 配ったその分だけ、何かを必ず削ります。 基本的には、現段階で社会保障費名目でお金を配っている分を減らすことになりますね。具体的には生活保護、健康保険、国民年金などですね。 それら複数に分かれているものを一つの「ベーシックインカム」に統一して国民に均一の金額を配るわけです。その代わり、お金配るからには国民は「自己責任」でやりくりしてね、、という性質のものです。政府でこの政策の検討をしている担当官が誰か調べればだいたいわかると思いますよ。 ベーシックインカム導入は、「公助」の負担を減らし、政府の言う「自助」を強制するものですから、反対する人は多いんじゃないですかね?

1人がナイス!しています

1

本来はベーシックインカムは、新しい事業を生み出したり、生活にゆとりができて様々な挑戦をすることが可能になるので、仕事の革新を進めることができるシステムです。 しかし、竹中平蔵氏がベーシックインカムを提唱したことで、竹中氏がまた自分の利益を生む方法を考えていると思われているからだと思います。

1人がナイス!しています