バイオリン、松脂をほとんど塗らない人もいれば、楽器が粉まみれになるほど塗る人もいるのですが、適切な量ってどの程度でしょう。

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/11/30 15:44

ThanksImg質問者からのお礼コメント

日本語上手ですね。

お礼日時:2020/11/30 17:03

その他の回答(3件)

0

>適切な量ってどの程度でしょう。 ★毛替えした後なら、たっぷり塗って、弓の毛を緩めて、竿をポンポンと叩きます。竿に松脂の粉が付きますから拭き取ります。もう一度緩めてポンポン・・・繰り返して竿に松脂が付かなく成った頃が弾き頃です。 >松脂の量は関係ないですか? ★有ります。 良い先生なら生徒の松脂の量を指摘します。私は指摘しています。 松脂の量は、弓や毛、弾く曲や弾き方、松脂の種類に依って違いますが、概ね1時間に1往復程度だと思います。適切な量として、楽器に白く降り積もる程は付けません。 ////////// 練習の後、弦に付いた松脂も拭き取って下さい。こびり付いたら、チェロでは楽器と弦に距離が有るので、指板を含めて「アルコール」を使う人が多く、ヴァイオリンでは「ベンジン」を使う人が多いと思います。ニスに付くと「ベンジン」でもニスを傷めます。 注意事項として、ティッシュペーパーは厳禁です。必ず脱脂綿を使って下さい。使ってみれば解りますが、ティッシュペーパーだと繊維が巻の間に入って、非常に弾きにくくなります。

1

弓の毛を替えたばかりの時にそれでバイオリンを弾いても音は出ません。 松脂を毛に塗ると、それが少量であっても粉は出ます。なので弾き終わったら楽器に付いた松脂を注意深く拭き取ります。 時間が経つとくっついて取れなくなりますからね。 「適当な量」は、まさに演奏するのに適切な量で、どう塗っても粉まみれにはなります。

1人がナイス!しています

1

え? ほとんど松脂を塗らないでも音を出せるのですか? それは知りませんでした、ぜひともこの哀れな入門者にご教授ください。 そんな事、私の先生も教えてくれません、よろしくお願いしますm(__)m

1人がナイス!しています