回答受付が終了しました

ID非公開

2020/12/1 1:31

1212回答

冬の赤城山について

登山 | 自動車135閲覧

1人が共感しています

回答(12件)

0

誰でも初めては経験することです。 4WD車であれば冬タイヤだけで対応可能です。少なくとも私は冬タイヤにチェーンは付けたことありません。 ただ、勘違いしないで欲しいのは赤城山に限らず、冬タイヤはあくまで夏タイヤより滑りにくいタイヤであって、全く滑らないタイヤではないということ。 運転の仕方によって滑ります。滑った後の対処で大事故になるかどうかが決まります。滑って慌ててブレーキ踏めば大事故。滑った時にアクセル踏めることが冬道を安全に乗り切るコツです、冗談抜きで。 そうはいっても、滑ってハンドルも効かない時にアクセル踏む行為は慣れないと容易じゃないです。 僕にとっての初めての雪山下山は志賀高原スキー場からでした。住込勤務で勤務開始時は雪が無かったので下山が文字通り初めての雪道でした。 友人に大型ドライバーがいたので冬道走行の心得を口頭で聞いていたので、途中何度かハンドル効かなくなりましたが大事に至りませんでした。ギアを落としてアクセル踏む操作さえ慣れるまでが大変ですが、慣れればどこでも走れるようになりますよ。

1

2月に地蔵岳へ登山した事がありますが、 FFの軽自動車にアイスガード5プラスで難なく登れました^^ 赤城道路の除雪はかなり綺麗に行われるので、 比較的運転はしやすかったです。(雪山の峠道としては) 麓でチェーンを装着する人が結構いましたが、 登れないことは無かったです。 私は見晴山駐車場(ビジターセンターちょっと先)を利用しました。 と、言うよりここしか停めれないぐらい除雪した雪で駐車場が潰れています^^; 黒檜山登山口駐車場が空いているかは微妙です^^; そこまで行っていないので定かではないですが、 除雪した雪の置き場になっている可能性はあります。 登りはヘアピンに注意です。 滑るのにビビりすぎて失速し過ぎたら 駆動方式とアクセルワークによってはホイルスピンしだします。 (登らなくなります) 勾配はきつめの峠です。 下りもヘアピンに注意です。(笑) 当然ですが、圧雪路、凍結路のどちらかです。 (2月は分厚い圧雪路でした) 当然滑りますし、重複しますが勾配はきつめです。 冬でなくても一応危ない部類の道路です。 スピードが簡単に乗る割にはカーブがきついです。 下り走行時は常時、気を張っていないとまぁまぁ危ないです。 私の行った日だと 赤城道路頂上付近-12度 赤城道路麓あたり-8度 です。 どの時期に行かれるのかわかりかねますが、 厳冬期に行くつもりで、雪道に自信が無ければ 運転を控えた方がいいのが正直なところです^^; 私自身はそれまで中国山地や東北北部、信州での走行・生活経験(山岳部含め)が5年以上あったため、特別な思いを抱かずに走破できましたが、もし初めて来たらと考えると、下りで事故起こしていた自信はあります^^; それぐらい市街地の凍結、積雪路とは「全く別物」です。 ゆっくり走れば滑らないとか ゆっくりブレーキ踏めばすべらないとか そんな甘っちょろい道路じゃないです^^; 登りだと状況、車によっては勢い付けないと ヘアピン曲がれません。(登れません) どうしても運転するとなれば チェーン装着をお勧めしておきます。 トラクションの心配が軽減するチェーンの方が少し安心できます。 乗り心地が悪く、赤城道路も距離があるため、別方面でつらい思いはするかと思います^^; 下りはとにかく低速を維持することに努めて、きつめのカーブ手前での確実な減速を行ってください。 (確実ではないですが、大惨事はこれで防げます) ※2速エンブレ状態でもかなり加速する区間もあります また、赤城道路頂上付近はウェブ上で確認できるライブカメラがあったはずです。 登山予定日に近い時期になったら見てください。 私が2月に確認したときは、白い山と白い道路しか見えませんでした。 フェンス類も埋もれていました。 重複しますが、 正直おすすめできないです。 それでも運転される場合は、 出来る事は全て尽くしてください。 とりあえず、一番近場の雪道を一回でも経験しておきましょう。 (今回の登山関係無く)

1人がナイス!しています

0

冬の北関東北部は街中でも雪国ですよ〜。十分な備えと、初めての雪道走行なら相応の覚悟を。

画像
1

初めての雪道で、赤城は無謀。 雪よりも、凍結が問題。 2WDだと、途中の坂道でスタック。 4WDでも、なんちゃって4WDだとスタックの可能性あり。 ここで生活してる人たちは、「滑り」をコントロールしていますが、貴殿には現状できませんので、やめて下さい。 どうしても冬場に行きたいなら、トヨタやホンダが運営する疑似雪道講習に100回以上通ってからにして下さい。 スタッドレスタイヤに装着可能なタイヤチェーンは殆どありません。 スタッドレスタイヤを装着した状態で、添付画像の数字部分に30㎜以上が必要になります。 http://www.yukidouraku.com/ 車種によっては、夏タイヤでも装着できないクルマがあります。

1人がナイス!しています

1

簡単であるかのような事を書く人もいますが、雪道走行の技術がかなり高いことが必要な道です。 12月で少し雪が降った後はすぐ溶けますが、乾燥路のカーブを曲がった先が凍結路だったということも良くあり、スリップしてガードレールに突っ込むということもしばしばあります。 1月以降は降雪直後はまだいいですが、圧雪されてテカテカになった凍結路が手ごわく、スリップして登れなくなる車が続出して渋滞が頻発します。 少し気温が上がると山から下る車のスリップ続出して事故が多発する日もあります。 過去の山行記録を見ると簡単に行けた日もあれば事故が多数起きて渋滞がひどかったという日もあるので、行く日にどうなるかは誰にも予測できません。 雪道が不安ならば富士見温泉に駐車して路線バスを利用して赤城に向かうことです。 雪道走行経験ない人が冬の赤城に向かうのは正直無謀です。

1人がナイス!しています