回答受付が終了しました

大人の皆さん、将来の夢ってありますか?

将来の夢 | 家族関係の悩み102閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

2人が共感しています

回答(20件)

0

そんなに考え込まなくても、 ご夫婦で楽しい穏やかな老後を過ごすこと。 で良いのではないでしょうか?自分の時間が持てるようになったら自宅でできることを見つけて下さい。

0

住宅ローンを滞りなく支払って、親がいなくなっても生きていけるよう、子どもを育てることですかねぇ………

0

「作文作ってくれ」という過去質問に答えての回答からの引用です。 現実として第1希望の就職先、希望部署への配属を手に入れるかどうかはスキル次第です。有利な就職先はスキルには自信がある連中が応募します。場合によっては数千倍の競争です。だから「未熟な新卒から雇用して経験を積ませて人材を育成するという終身雇用制度」は続けて欲しいです。OECD加盟国で新卒の雇用率がダントツで高いのは新卒一括採用の日本だけです。でも日本は同一労働同一賃金/通年雇用に向かっています。そこはスキルと経験に裏打ちされた安心人材を必要なときに必要なだけ業種の平均給料で中途採用する世界です。昇給も無くなります。新卒は最も安価に雇用できる労働力は昔話になります。 そんな未来に常に人生の椅子取りゲームに勝ち残り、有利な仕事に就かなければならないです。でも私は人事担当者を唸らせる学歴も実務経験もなく特段のお金を生み出すスキルもないので、きっと少しでも有利なポジションを探して求職中で卒業するでしょう。就職先を探すとき自分にとって理想の仕事でも優秀なライバルが存在したら席はありません。順番を待っていれば入れるというわけじゃありません。スキルの無い私は当然ながら自分のやりたいことを仕事にできないでしょう。そこまで自分を過信していません。少しでもマシな人生だけが希望です。だからそもそも将来の夢はありません。 で、相談するのは大賛成ですが、あなたは現実に対応することを考えていますか? そしてそれより重要な要素があります。未来は現在の延長じゃありません。自分達がリストラ世代になる2040年頃、社会は高齢者1人を現役世代1.5人が支える日本社会です。日本中から人がいなくなり消滅する自治体が出てきます。大都市周辺も含んでゴーストタウンが当たり前の風景、と予定されています。さらにそれまでに「人工知能システムによる職業奪取」により半分以上の職業が消滅すると予定されています。消滅予定職種の多くは文系です。人工知能システムに仕事を奪われたときどうすればいいかは、わかりません。「新しい仕事が生まれる」とテレビでは言いますが、自分はそのとき職歴/学歴や年齢などの制限に引っかかり書類選考で落ちます。だから学校教育が自己実現を教えますが、幻と思います。そんな世界は「IT業界をはじめとして、いわば1位総取り」だそうです。(テレビで『加速する予定』が放送されていました)その少ない働き先を皆で取り合います。 目指す職業を選択しようと(ちょっと検索すれば出てきた)何かのテストを突破する資格だけでも https://shikaku-fan.net/rank.php こんなにあります。どうやって選択すれば良いのでしょうか?教えて下さい。実はもの凄く有利だけど余り注目されていない大穴の仕事って何ですか?念のため言いますが、私は特別な取り柄も無い普通の人間です。「世界最高の人でも普通の人間だよ」と言うのは止めて下さい。彼らの普通と自分の普通は違います。(議員さんの選挙活動あるあるの)一週間不眠不休で動ける体力なんてありません。 だからスキルの証明であるどこの大学学部を卒業したかも大事です。有利な就職するには「あそこの研究室出身なら学術的な素養や知識があるはずだ。」という先輩方の業績が必要です。情報ネットワークが貧弱な生徒の時に決めて、進学したけど違っていたというのは良く聞く悩みです。大学生の多くがこんな筈じゃ無かったと思っているそうです。あんな風になりたくありません。 自分が世の中に対して価値を出さないと給料はもらえないというのは当たり前の話です。{林先生がテレビ番組で言っていた}職業は「やりたいこと」より「できる」ことを選択するしかありません。今の世の中は、ちょっと高い給料が貰える難しいことをしようとするとすぐに「資格」や「高度な専門知識」が要求されます。やりたいこでも興味の無い勉強は嫌です。会社が利益を出していないならボーナス/昇給も期待できません。 今働くなら、何かはあると思います。例えば「文系学生の大部分がイヤでも「営業」に配属される事実を知っているか?」というHPは説得力があります。 https://diamond.jp/articles/-/45876 だったらどんなに進路に悩んでも結局どこに入っても「今月売り上げたりないので、これ買ってください」と頭を下げる仕事です。でも(お客様が存在しない未来に生き残っている)優秀な営業職に勝てるとは思いません。その上、今回のコロナショックで既に営業不要論が出ています。 そんなあくせくした貧困の未来は実現したい未来ではありません。資本主義の社会のルールは変わっていません。成績の優秀な奴から順番に「ず~と夢に描いていたなりたい自分」になれるというルールが変わっていません。 日本では教育が無くても、肉体労働をしたり工場のラインで単純作業をして家族を養うことができた時代は終わったそうです。というのは去年日本の外国人受け入れ数は独米英に次ぐ世界4位だそうです。既に移民大国だそうです。だから「移民じゃできない高度な仕事ができる人材になれ」と偉い人は上から目線で言いますが、高度な仕事ってなんですか?自慢じゃないですけど、学力には自信はありません。私は普通の人間です。 何が言いたいかというと「挑戦し頑張った人が報われる社会」ということは、結果として「結果を出せ無かった人」は「頑張った人からドアマットのように踏みつけられる人生」が待っている社会です。学校の先生なんて実社会の厳しさも知らず、大学卒業したら自分の親世代から「先生」と崇めて貰います。親は子供を人質に取られているから、なかなかモンスターペアレントになれません。結果どう考えても頭の中は世間と乖離します。そんな連中が集まって次世代教育とかで「将来の自分のやりたいことを見つけましょう」的な教育しています。これって(自分の実力はともかく)やりたいことは何?。という風に聞こえます。無理ってわかっているけど学習指導要綱があるから教えるんですか?令和の日本は先生方が育った一億総中流社会じゃ無いんですよ。 「鬼畜米英」って一生懸命竹槍でB29撃墜を教えた先生と同じ構造じゃないですか?選別の日はいずれ来ます。(先生の責任がない)学校卒業後直面するリアルな社会は金持ちと(なんらかの)成績優秀者以外は夢を持つな、です。社会の仕事には有利不利が当然あります。待っていれば思い描いていた仕事に就けるわけじゃありません。どうしたらいいのですか?私達の親世代が子供のことを思って選挙に行かないから今の政策です。 ハローワークでもっとも募集者が多く競争倍率が高いのが「将来の仕事は福利厚生の全く無い吹けば飛ぶような中小企業でブルーライトを浴びながら肩こりと腱鞘炎とつきあい朝から晩までパソコン事務に、腰痛持ちだけどときどき肉体労働をする」です。これが求めた理想の仕事ですか? * 豊かなものはますます豊かに、貧しい者はどんどん貧しくなる。貴族階級と貧乏平民が暮らす未来。学校教育が自己実現を教えますが、幻。私達は資本主義のラットレースに組み込まれている。成績の優秀な奴から順番に「ず~と夢に描いていたなりたい自分」になれるというルールが変わっていない。 でももしあなたが実は金持ちの家に生まれ、恵まれた環境と自身の努力によって豊かな才能を開花させているなら、あなたの人生は明るく輝かしいモノです。より一層頑張って素晴らしい自己実現の未来を我が手にして下さい。