ID非公開

2020/12/6 20:24

88回答

びっくりしたので質問ですが、茶道の先生のお茶会の手伝いに行ったら、お金を納めてほしいと言われました。

茶道381閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

2

どのようなお茶会なのか?わかりませんが〜♪ 席料ですよ。

2人がナイス!しています

0

茶華道習い事ダンス歌レッスンを受ける全教室(除カルチャー) 先生は社長さんのように人事権力をもち生徒は 給料をもらうのでなく社長に月謝を払います。 臨時のお仕事発表会があって出演お手伝いした時もお手当は出なくて 社長に特別金を支払います。表彰されたら社長さんが受け取ります。 ビジネスだから、 そうゆうものなのです。

ID非公開

質問者

2020/12/10 19:38

たぶん例えるなら行政と住民の方が良いです。お金の流れが逆です。 権力を振りかざせるのは給与を払うからで合って、それがないなら従わないと思います。 下からお金を吸い上げるなら行政と住民の関係に似ていると思いました。ただそこがビジネスですから対価として明確な行政サービスがあります。 今回は色々と驚きました。 お金が絡むとこうも変なモヤモヤに包まれるんだなあと、、、 回答いただきありがとうございました。

2

>茶道の先生のお茶会の手伝い お手伝いではなく教えてもらったのでお礼をするんです。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/12/10 20:05

色々見てると、指導料金というのを手伝い、という言葉に変えて使われていて、茶道界では共通認識みたいなものなんですね。。回答ありがとうございます。

1

どういうお茶会かわからないけど、先生が個人で社中の人を招くお茶会のお手伝いなら、お昼ご飯が出るだろうし席に入れなくてもお菓子はくれるだろうし、お手伝いは水屋の勉強だから「御指導料」を包むか、会費を払うよね。 数百人規模の大寄せは、先生に券が割り当てられて、券代は先生が支払う。券を持ってたら席に入れるから、券代は買った人が払うよね。 お手伝いだから券は買わないって人もいるけど、席に入れない。水屋を抜ける時間がなくて席に入れなくても、券があればお菓子だけもらえる。 先生が個人で行う茶事で、お手伝いが手弁当でお茶もお菓子もないって事はないと思う。 会費や券があると思う。 水屋が手一杯で席に入る時間もお菓子だけをもらいに行く時間もなく、券を買って使わなかった茶会はあるよ。てか、殆ど。 どんなお茶会のお手伝いかわからないけど、私が知ってる茶事と茶会はそんな感じ。

1人がナイス!しています

1

悪しき慣習的な一面はありますね。 習っている先生が、茶会で席を持つ場合、その社中で茶会に参加するのであり、 水屋仕事も、茶席でのお運びも勉強のうちですので、お礼はします。 稽古はあくまで稽古ですから、茶会で本番を経験するのは必要なことだと思っています。 お金を稼いではいませんよ。 弟子から指導料を取り、お客様には茶券を販売しても、何十万円の道具を揃え、茶室の利用料を払い、炭やお菓子、抹茶の代金、道具の運搬費用…となると大抵の茶会は赤字です。 ただ、予め、参加費なり指導料は要ると言うべきですし、 言わなくても払うのが常識とするような風習は改めていかないといけないと思います。 先生が個人的に友人を招いた茶会で、洗い物などをするだけ、というようなケースでも勉強にならないとは言いませんが、弟子を便利使いする先生は残念な方だと思います。 友人が自分が企画して茶会を開き、実施の3日くらい前に、手が足りない〜とSNSに手伝い募集を書き込んだので、それなら手伝うよ、と参加したら、当日1人いくらね、と言われびっくりしたことがあります。師匠でもないのに。 手伝いに集まった友人たちの参加費よりも、主催の彼女は会場費などたくさん負担してはいたんです。 でも、助けてと言われて急遽手伝いに行きお金取るとはね(笑) ですが、彼女は、師匠の茶会に手伝いに行き、参加費を払って来た人なので、それが普通でしょ?と思っていたようです。 すみません。私の愚痴ですね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/12/7 0:11

あまり伝統文化の世界が分からなかったので驚きました。 お金の問題だったので、思わず質問してしまいました。