ここから本文です

森喜朗首相はゴルフ中で、えひめ丸事故の報告を受けた後もゴルフを続けたとして批...

ham********さん

2009/2/2509:31:18

森喜朗首相はゴルフ中で、えひめ丸事故の報告を受けた後もゴルフを続けたとして批判され退陣した。とのころですが、

どの程度の事故であればゴルフを続行できるのでしょうか?そのギリギリの事例を教えてください。

閲覧数:
1,366
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/2/2509:49:09

総理に報告するような事故ですね、難しいですが新聞一面の記事ぐらいですか。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

han********さん

2009/2/2511:17:59

福知山線の脱線事故のとき、地元の民主党議員たちが宴会を続けて同じように問題になりました。
事故現場の近くの会社では仕事を中止して人命救助に奔走し、民主党議員との差が際だっていました。
ギリギリなんて有りません。

ecoshopmodelさん

2009/2/2510:01:14

えひめ丸がその辺の海を航海していて何らかの故障を起こして沈没したというなら話は別でしょ。アメリカ海軍の潜水艦が日本の船と衝突して沈没させ犠牲者を出したという事故なら国際問題であり、一国の首相として国民の生命・財産を預かっている首相として官邸に取って帰し事実関係を把握する必要があるわけです。「オレは知らん。適当にやっておけ」というような返事で済まされるもんだいではないのに、自分の娯楽が大事として遊びに興じていた首相で国を治められるのかということでしょ。お酒が大事として首になった財務大臣と同じです。

kap********さん

2009/2/2510:00:09

ギリギリの事例は聞いたこともありません。

緊急要件として各省庁から内閣官房に伝えられれば内閣総理大臣は対応・対策を行うことになっています。
要するに、緊急報告事項はとりもなおさず「遊び中止」→「公務遂行」が大原則なのです。この大原則を放棄しただけのことです。総理大臣がゴルフの中止/続行を決めるのではなく緊急連絡があれば問題の大小に関係なく「ゴルフは中止」なのです。

「えひめ丸衝突沈没事件」は外務省や当時の防衛庁(現防衛省)も米国の担当部署から緊急連絡事項として事故報告を受けています。これら担当省庁は事故報告が日本も内閣総理大臣として応じなければならないと判断し、内閣官房に緊急情報として伝え内閣総理大臣への緊急報告を行ったのですが、森元総理は「あ、そう」程度でゴルフを継続した訳であり、随行の内閣官房担当者の強い要請にも関わらずでしたから大きな失態になっただけのことです。

なお、森元総理は事件以前から低支持率で既に総理として「死に体」でしたから、この問題が丁度「退陣の引き水」になったに過ぎません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる