車で雪道を走行するときにLと2ギアの使い方を教えてください。

自動車68閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

不慣れな人は使わないほうがいいです。 本当に滑る道ではシフトダウン時に一瞬タイヤロック状態になって余計に滑ります。 また、FFやFR車の場合は二輪だけで強力なエンジンブレーキを掛けることになるので殊更に滑りやすいですし、特にFF車は一旦滑ってしまうとステアリング操作も効かなくなります。

0

Lレンジは長い立体駐車場の下りを想定してる 2レンジはスノーモード、渋滞を想定

0

Lや2と言った低速ギヤは エンジンブレーキを使う時ですね 雪道の下り坂のカーブなんかで フットブレーキを踏むと、挙動を乱す可能性がありますが エンジンブレーキを活用する事により 緩やかに減速させる事が出来るので 挙動を乱す事無く下ることが出来ます もっとも、今時の車なら ESC(横滑り防止装置)が付いているので そこまで心配する必要もないかもしれませんがね

0

Lとか2ギヤーと云うのは、マニュアル形式の“ロー・ギヤー”“セカンド・ギヤー”の事、 エンジンブレーキを云っておられるのですね。 マニュアルミッション車を乗ったことがありますか、乗ったならば、ロー発進で吹かした時、セカンドに切り替える前に何か不都合があり、アクセルを放した場合、その分一気に速度が落ちますね。あの体感です。(急ブレーキとは少し違います) 上り坂などには、さして関係がないかと思いますが、下り坂やワイディング道路、山岳地帯などには非常に重要な機能です。(追加;雪道や雪道の峠などの通過の際は、必ず燃料満タンが基本です) オートマチックのDレンジ・アクセル開放状態の時、空走という状態になります。 この空走という状態の時、車は適切な言葉ではないかもしれませんが、ふら付きます。 川の流れに任せて流れるとコントロールができないですね。あの状態と思ってください。 マニュアルミッション車では、ギヤーが入っている限り、常に“加か負か”どちらかが車にかかっています。 すなわち先ほどの“ふら付き”と云う現象が大なり小なり抑えられています。 体感を感じたい場合、積雪で試すとよくわかります。雨でぬかるんでいる所でもいいです。 速度を出して、Dレンジにして、右の方向に大きく、やや右に急ハンドリングしてみてください。次は、Nレンジ・Lレンジも同じようにしてみてください。 さらに次は、同じ動作の終わり頃に急ブレーキをかけて、思うところに止まるという目的で試します。 都合6回の試しの中でそれぞれ違和感が生まれるはずです。 結果、Lレジンの方が比較的にコントロールしやすいはずです。 (当然、速度が違うからと云う場合、L・N・Dともに30Km程で同じ急カーブで試す) レーシングなどでは、長時間(ミリ秒)の空走時間は有り得ません。ヒール&トーで必ずタイヤのコントロールをしています。(タイヤには、一定の負荷をかけ、接地面の摩擦を維持している) 以上のことで云うと非常にオートマチックとは危険この上ない機構なのですが、安全なところで走る事だけを考えた場合、5歳のアメリカ人の子供(ビッグカーを乗っていて捕まったそうです)でも乗れるという利点があるからなんでしょうね。 雪道でも平常時でも走行の際は、エンジンブレーキが利く車を乗ることが事故を防ぐための自己責任的な義務じゃないでしょうか? 結論は、雪の下り坂では速度にも関係しますが“ロー・2ギヤーなどを駆使して、減速しハンドリングで危険を回避しましょう。ブレーキは、充てに成りません(という心構え)。 雪が積もったら大きな広場、駐車場などで思いっきりハンドリングやブレーキングなどの練習をしましょう。 “ハンググライダーの世界では、飛ばないやつの話は聞くな“と云います。 感覚は自分で知るしか方法はないのですね。 最後に上り坂の時のギヤーと云う事については意味が解りませんでした。 通常、左車線にいる方が何かあった時には路肩に逃げられるのと左の走行車線の方がいろいろと安全です。嫌がらせや喧嘩をを受けるのは中央車線です。 左車線の方がいつも緊張感がみなぎると思います。と一言?楽しいカーライフを

0

車種で 全く違います 私は1000のヴィッツで BーSーDしかないから 山道は普段から Sを使います エンジンブレーキは 減速が加わらない範囲で臨機応変に使い分けます Bは使いません SとDを使い分けです 特にヘアピンで登板などはあらかじめSにして一定の速度をキープします理屈では語れない身体が覚えてますから いらぬ事しないで Dで走ればよい オーバードライブがあるなら オーバードライブはoffにした方がよいです