回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/3 0:29

99回答

数学科の数学は哲学って聞いたんですけど本当ですか?

大学数学131閲覧

回答(9件)

0

有名なジョークですね 大学の化学は物理、物理は数学で数学は哲学だっていう有名なジョークがあります ジョークではありますがわりと的を得てるかもという人もけっこういますね

1

20世紀初頭の ヒルベルトの 机と椅子とビールジョッキ の幾何学あたりの話を読むと、数学が論理学の、さらには哲学の、もっと広げると人文学の一分野だというのがなんとなく理解できるかもしれません

1人がナイス!しています

0

大学の数学をしていて哲学だと感じたことはない. というか数学のことは知っているが哲学のことは知らない.

0

これはたとえば中学や高校の数学、受験の数学と大学の数学はぜんぜん違うというような話です。 今の中学や高校の数学は、試験のための数学であり、採点しやすい、教えやすい数学に特化しているということです。 たとえば、小学校の算数では、 「1+1=2」 が正解と教えるのが最もわかりやすいですが、数学的には、 「1+1=10000000-9999998」 でも正解であり、つまり非常~~~~にたくさんの正解があるのです。 実際は1+1の正解は一つではないのです。様々な答え方があるのです。 1+1=0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1+0・1でも数学的には間違いないのです。 1+1=弐と答えても、意味的には間違いないし、壱+壱=弐と答えても、厳密に考えるならば間違いではないのです。 しかし最も採点が簡単なのは1+1=2であり、それは教育者の側の都合でそう決まっているのです。 アメリカではもちろん掛け算の九九の暗記などはありません。これは数学的な話ではなく、9×9をククと読む日本語的な話、文化的な話です。 9×9=81を、ククハチジュウイチと読むのは日本語だけであり、これは数学というより国語なのです。 こういうような文化的、言語的な話が中学高校の数学には微に入り細に入りあるのです。 一方でアメリカの数学は、もちろん英語的、アメリカ的な数学であり、アメリカ文化に基づいた数学であり、大学ごとに学閥などもあります。 インド人の数学はヒンズー教的宗教観、輪廻転生的世界観を基本とした数学で、日本や欧米とは発想が違うと言われます。 しかし日本の数字の数え方も仏教を基本としたもので、東洋哲学的な計数法です。 あるいは二進法とか、十進法とかいう進法や度量衡の違いもあります。 時間の計算方法などは、十進法ではなく、十二進法や、60進法、24進法であり、十進法による計算はできません。 中学高校の数学とは、受験に便利なように恣意的にチョイスされた数学ですが、実際には受験に不便な数学というのが膨大に存在するのです。 算盤でも、義務教育では珠算塾のような算盤は教えませんが、そこは政治的、教育行政的に範囲が決められた結果です。 もっとも大学数学であっても、もちろん教える内容が無制限とか、無限定というわけにはいかず、そこはいろいろな意図で方向づけや誘導、チョイスが当然されている物なのです。 たとえば、ユダヤ人優秀な数学者などでは、そもそも大学には進学しないとな言う人も多く、そういう数学者はどんなに優秀でも中卒とか、高卒ということになります。 大学教授などになりたくないというような数学者も多く、そういう人は大学 教授になれないという以前に、自らの意志でならないのです。 学歴も金もいらないというような数学者も多いと言われますが、そういう人はつまり宗教的な動機で数学を研究しているのです。 教育機関である大学では、そういう人々には合わせられないという面もあります。 つまり学生の指導も、教育も、学歴も、金もどうでもいいというような数学者も多いのです。教育者としては完全に失格ですが、本人はどうでもいいのです。インド人でもそういう人が多いと言われます。 そうなると大学数学とはそもそも何ぞや?という疑問も出てきますが、本当にただ一日中計算だけしていれば幸せという人間とはそういうものなのです。 卒業してから就職するとかそういう発想もないのです。だから金も学歴もいらないのです。 つまりどっちかといえばハッカーに近いのです。セキュリティを破ってハッキングする快感に近いのです。 知人から聞いた話ではそんな感じだそうです。