就職面接で新聞は何を読んでいますかと聞かれました。 聖教新聞ですと答えると面接がそこで終わり、合否の連絡もなく不採用になりました

就職活動 | 宗教369閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

2

ID非公開

2021/1/3 13:07

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

3

>何がまずかったのですか 最後の質問が新聞だっただけで、「不採用の理由は別」の可能性もあります。 ですので「不採用の理由は、聖教新聞と答えたから」といった考え方は不要でしょう。 仮に、「聖教新聞が原因だ」と思いつつも「受かりたい」のであれば、「聖教新聞を読まなければ良いだけ」です。 仮に、「聖教新聞が原因だ」と思いつつも「自分が読みたいものを読んで何が悪い。読み続ける(我を通す)」と思うのであれば、「不採用をそのまま受け入れるだけ」でしょう。相手(会社)側にも我を通す権利(自社にとって不要だと思う人材は雇わない)はあるので。 >それに加え、不採用の連絡すらくれない企業はありえないですよね だとすれば、不採用で良かったのでは。 ありえないと思う行動をとる企業なら、貴方も入りたくなかったでしょうから。

3人がナイス!しています

0

危険な思想を持った人物だと判断されたからです。私が人事担当者でも聖教新聞を読んでいる人は雇いません。もちろん、それが理由で不採用にしたということがわからないように面接は続けて、志望理由や相手の能力を聞いたりしますが、危険な人物であると判断した瞬間に不合格は確定です。本物の神に対する信仰を持った人物なら神の御心にかなった働きをすることができるので、そういう人は積極的に採用したいですが、危険思想の持ち主はだめです。