RGBのLEDテープライトについての質問です。

画像
補足

追記で失礼致します。 LEDテープの切断部分(接続部分)の端子?の数は+GRBの順で4つで電源ボックスの端子?接続部分は+と-の2つです。 色の指定を繋げた状態でする場合はACアダプタなどでコントローラーを挟めばできるのはなんとなく理解したのですが、コントローラーがなく直接繋ぐ場合+の部分と光らせたいRGBのところの線を電源ボックスに繋げるという方法で大丈夫でしょうか?

電池 | カスタマイズ73閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

コントローラ側で各色を制御しますので合ってます。RGBがプラスで黒がマイナスだと思いますが。+ RGBならRGBがマイナスになり考えられませんね。 簡単に言うと各色にプラスとマイナスを接続すれば点灯するわけです。ただマイナスは共通にして(束ねて並列接続)プラス側の制御だけでオンオフしてます。車でもバッテリーのマイナスはボディアースにしてありますからプラスの配線だけ回してそこら辺のボディからマイナスを取り出してます。車での配線図が有りますのでそっちを見て下さい。ボディアースを電源のマイナスと読み替えてテープライトは1つなら(図では3つ)コントローラと1対1で同じ色をコネクタで接続です。

画像
1

電池ボックス →コントローラー →RGBLEDテープ の順に接続すればあとはコントローラーで色や明るさの変更が可能です テープと電池ボックスを直結すると 最大光量で発光します 色変化は出来ません ただ電池ボックスはそこまでの容量が無いので そんなに長くは点灯できないですよ(´∀`;)

1人がナイス!しています