フィリピンや南米はスペインに植民地にされましたがあまり恨んでいないと聞きました。

世界史 | 国際情勢103閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

調べてみたところ、今でも、スペイン語の試験はあるらしいが、フィリピン人がスペインに移民するのは意外と簡単、「血縁」を証明する方が難しいとのことだが。八分の一以上の血が入っているとスペインに移民でき、その後は自由にEU諸国で仕事ができので多くのフィリピン人にとっては「あこがれ」... アメリカは反面、フィリピン人移民には非常に厳しく、最近は一般にはたとえ許可が下りても(結婚とか近い家族でない限り)20数年待ち.. 簡単に言うとスペイン法上、フィリピンは「植民地」ではなく「領土」であったため、その時代のフィリピン人は生まれると同時にスペイン人(ある程度制約はあったらしいが)、また、1920年台、1930年台に何千人というスぺイン人がフィリピンに移民してきたため、そして現地フィリピン人と結婚したためスペイン系ィリピン人が多い理由。 半面、グアムなどと違って(米国「領」になってからのグアム人は生まれるとアメリカ人)、一時代フィリピンはアメリカの領土ではなく植民地(米語や「翻訳」では似たような感じだが、法的には大きな違い)であったのため、自動的にアメリカ人とはならなかった。 というわけで、人によっては(とくにOFWになれる資格があると)スペイン人の「血」は就活上非常に重要な意味を持っている。アロヨ大統領の時代(2001年から2010年)には「スペインの日」が設定され、さらにスペインとの親密度が高くなってきている...

0

フィリピンに行けばわかりますが、中国人と変わらない顔した人がかなりいて明らかに彼らは中国人の血が入っているのにそれを聞くと否定したがる。しかしスペインの血が入っているのは自慢したがる。容姿はモロにアジアなのに名前だけはスペイン風にしてそもそも国名からして彼らがどれほど西欧崇拝しているかわかるかと思います。しかし最近ではその西欧崇拝はいい加減やめて国名もタガログ共和国に変えよういうナショナリズムも芽生えてはいます。

3

中南米の独立が、住民の反発から発生したのではなく、クリオージョによる反発により発生したからです。 クリオージョとは、植民地生まれの白人のことです。 そのためスペイン統治下の支配体制は維持されたままで独立しました。 ですから今でも中南米では、ペニンスラール、クリオージョ、メスティソ、インディヘナという階級が残っています。 ペニンスラールは、スペイン国籍の人を指し、クリオージョやメスティソの人達にとって、憧れの地位の人です。 ただしペニンスラールの人は、そういった意識はありませんが。 メスティソの人達にとっても自分はインディヘナという意識は無く、むしろインディヘナを差別し、クリオージョやペニンスラールに憧れています。 ですから成功したメスティソの夢は、スペインから妻を迎えることだったりします。 同じメスティソであっても、白人(スペイン人)の血が濃いほうが上位という認識がメスティソにはあるため、スペイン人の血が入っている事を自慢したいのです。 フィリピンパブでは、およそ8割の人が、「おじいちゃんがスペイン人」と言います。 そしてフィリピンの上流階級の大半がスペイン系であることと併せて、スペインへのコンプレックスが生じているのです。

3人がナイス!しています

2

南米は、民族自決が普遍的価値観とされる現代と同じ世界観が構築されるまえに、すでに国民国家として独立しているからってだけです。 たとえば、日本だって中国に冊封を受け、中国から○○将軍だとか、日本王だとかの官職を「賜り」、それに一喜一憂していたわけですが、だからって今、中国をこの文脈で恨んでいる人はいません。 同じく米国も同様の傾向ですよね、わずか70年前まで占領下にあり、現在も治外法権の基地が置かれていますが、とっくに独立して、固有の民族観を保持しているので、民族的なタームとはならないわけですよね?。 また中南米は、アメリカ合衆国が排他的な権益としていますから、恨みの方向が上書きされたという歴史的な経緯があります。 (だから中南米では反米政権や勢力が常に誕生しているじゃないですか) >スペイン人の血が入っている人の方が羨ましがられる これは単に差別構造に起因するだけでしょ。 社会のヘゲモニーを握っている外形的な属性(この場合は外貌)に寄せていこうとするのは、日本人とて同じじゃないですか。 じゃなければ学歴重視(裏返しの学歴詐欺)だの美容整形だのがありませんって。 ちなみにフィリピンは植民地支配を恨んでないなんて話は聞きませんけどね。 たとえばドゥテルテなんて、公言してるじゃないですか。 (そりゃあ日本人が原爆禍を今でも恨んで、大統領に事実上の贖罪にまで追い込んだと同時に、アメリカそのものを恨まないってのと同じで、なんだってそうですが0か100の二元論ではないってだけですけどね) その手の「植民地にされましたがあまり恨んでいない」話って、韓国を引き合いに誹ろうという向きが撒いていますけどねえ。 その”証拠”と持ち出される台湾なんて、当たり前ですが、反日の言語の蒋介石が作ったようなもんですから、相当に日本への意識はあります。 東南アジアだって戦後長く反日感情が渦巻いていました。 ただ、前述したように二元論ではないので、双方が都合の良いところだけ摘まみあげて、台湾は/東南アジアは親日だ!、いや反日だ!ってやってるだけです。

2人がナイス!しています

0

フィリピンは国名を変えたいと思っています。 フェルペ二世が嫌いなのです。 メキシコはユカタン文明が滅ぼされたことに 根を持っています。 ポーランドはドイツに賠償金を請求しています。 これらは、余り報じられていないだけです。