菅総理に未来の自動車の完全EV化などと惚けた知恵を吹き込んでいるのは誰なんでしょうか?

自動車 | 石油、天然ガス48閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ガラパゴス化ですか。けどデジタル化によりパーツの簡素化、モジュール化がなされてしまったため、日本のオーディオメーカーたちは即死してしまいました。EV化により現行自動車メーカー達もオーディオメーカー化していく可能性が指摘されてますよね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

米国はEV化と原発の増設によるシステムなんでしょうね。 まあしかしEV化ということは、蒸気機関車から電車に変わるということなのですね。お話しを頂き分かってきました。内燃機関は無くなり構造も単純化され将来的には車両価格も現在の半額以下になっていく。であれば日本の持てる技術で次世代バッテリーが商品化され開発者にノーベル化学賞が授与されることを願うばかりです。

お礼日時:1/13 21:50

その他の回答(2件)

1

菅総理ではなく世界的な流れで むしろ日本は立ち遅れていると思います。 環境問題大好きな欧州では今年からすでに厳しい燃費規制始まります。 日本だってその流れに乗らなければ 国内販売よりも輸出メインの自動車産業は衰退してしまいますから。 EV車メーカーのステラ社長が世界一の富豪になったでしょ。 不便とかは発展的な開発競争で解決するべきもので ガソリン、ディーゼルの厳しい排ガス規制だって当初は絶対無理とか言われていたのに実現できた。

1人がナイス!しています

遅れてるというか、選んで来なかった。が正しいと思います。そして欧州はトヨタが旗降るHVに乗りたくなかった。CO2削減の効果は無いが別な道を歩もうとしただけのことですよね。EV化は車のパーツの簡素化、モジュール化を促進していき、だれでも自動車メーカーを興せるようになり、筍のようにメーカー名もブランド名もない様な新興アッセンブリーメーカーが現われだし、MP3ファイル化により以前の数あるオーディオメーカーたちは旧技術となって即死していったように現行自動車メーカーシステムは死んでいかざるえないという訳ですね。そして最終的には欧州も含め中国に全ての市場を抑えられていく。 悲しい末路ではありますね。

1

個人の意見だけど今は政府見解の逆をやれば問題ない。 GOTOトラベルの時は家に巣ごもりして、EV化の流れの時は純ガソリンエンジンやディーゼルに乗る。 自動車歴史100年の中でEVやらガソリン車が台頭して生き残ったのが今のガソリン車だから。 EV車と言っても車の周りはクリーンだけど火力発電所付近は2酸化炭素出しまくりで、なんだかなーという感がある。都会だけきれいな空気吸えるなら、都会から離れたところはどうなってもいいとか。 大雪もそうだけれど自然災害では停電や充電設備などインフラ絡みのEVは脆弱性を露呈する。EVは世界的な流れと言っても歪んだ政策は色々な要因で正される方向にあるから個人的にはあまり心配はしていない。

1人がナイス!しています

そーなんですよね。大義はなくとも政治力で諸葛孔明にしてやられるのかと思うと複雑な気分になります。うちの総理官邸に司馬懿はいなさそうだし記者会見で結婚スピーチしてるし、先が思いやられる。