ID非公開

2021/1/12 12:50

55回答

Bリーグを見ていると、インサイドは全員外国人。

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。 外国人次第で勝敗が決するBリーグを見てたら心配になってしまったのです。

お礼日時:1/12 20:44

その他の回答(4件)

2

その考えは、アジアで5~10番手だった頃の話。今は違う。 インサイドは、八村、渡邊、竹内兄弟、帰化選手と意外と豊富。十分世界的に渡り合えます。 問題は実はガード。それが、この前のワールドカップで露呈した。 富樫や田臥のように小さくて速くてハンドリングが抜群じゃないと世界ではボールもまともに運べない。渡邊や八村がリバウンドから自ら運ぶ方がフロントコートに安全に運べてました。 ガードの突破力やボールハンドリングや身体能力やスコアリング力にかなりの差があります。サイズ的にも。 サイズの問題で大型化してますが、ハンドリングが足りません。スコアリング力も。 そして、圧倒的に足りないもの、それは「バスケIQ」です。 海外、特にヨーロッパ勢はコート上の選手が全員、日本ではPG出来ます。オールPGでその中で司令塔は抜群のバスケセンスを要します。さらに、全ポジションで日本ならSGが出来るほどのシュートの成功率を誇る。 要するに、ポジションレスに何でも出来るってこと。 日本がやってる戦術は間違ってはないんですが、かなり古い。20年前に世界で通用した戦術です。それを必死にやってます。作ろう作ろうとしてる。もう世界はそれに慣れてるし、対処も知ってる。わかっていてもそれしか出来ない。相手は基本のプレーもするし、それを出しにも使えるし、ボール回しから崩せます。2本先のパスまで見えてる感じ。コーナー3からパスが始まって逆サイドのコーナー3をフリーにするためのつなぎ方を知ってる。4人で崩してオープンになった選手がキッチリ決めてきます。 タレント性はかなり上がってきて個では結構レベル高いと思うけど、チームとなった時にもの凄い差を感じました。 理由は単純で子供のころから気軽にバスケに触れれないから。野球が強いのは気軽にレベルの高い試合が見れるからです。知力の部分の差が凄い。 Bリーグで育ってないのはインサイドじゃない。ガードなんです。インサイドはこの環境の中で日本人選手が出てこないといけない。これ以上インサイドの質を下げるのも違う。単純に205以上がほしい。出来たら210。単純にこの身長の日本人がいない。 ガードに質の高い選手をどんどん入れて欲しいですね。

2人がナイス!しています

1

その外国人と渡り合える日本人インサイド選手が出てくれば(そのように成長すれば)、世界と戦う時の戦力となりえる。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/12 14:58

外国人と渡り合えそうな日本人インサイド選手は誰でしょうか?

1

世界に通用するインサイドプレイヤーになるためにも、日頃から外国籍プレイヤーと戦う事が大事なのです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/12 14:57

世界に通用しそうなインサイドプレイヤーは誰でしょうか?