回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/12 15:04

77回答

無職転生は主人公最強系ですか?

回答(7件)

1

いわゆる「なろう系」の主人公無双という事ですよね。 そういう意味では、違いますね。 ただ、世界最強クラス、という意味では最強クラスです。 無職転生は気持ちよく無双していく勧善懲悪作品ではなく、ある程度恵まれた環境、才能で転生した主人公が、前世の失敗や後悔を元にまっとうに生きていこうとする事に軸を置いた作品です。 ちょっとネタバレ気味になりますが、 幼少期は才能に恵まれ、ある程度裕福な家庭で両親の愛情を一身に受け、家庭教師までつけてもらっています。 これって、多少の差はあれど、読み手もそういう経験をしている人は多いのだと思います。 主人公もたぶん前世でもそうだった。 でも、自分の世界が広がると、自分は何も特別でなく、モブの一人だったと絶望するんですよね。 そして、それに気づくのが遅いといじめの対象にもなる。さらに世界に絶望するし、原因はもてはやした両親にあると恨みさえ持つようになり、引きこもり、自分の世界だけで生きようとする。 そしていつしか自分には本当は無双する力があるんじゃないかって思ったりする。 それを体現しているのがなろう系の異世界転生無双ものです。 では、無職転生はというと、上記のとおり、環境も才能もそこそこで、ロキシーがいうように「いるんですよね、ちょっと他人よりも成長が早いだけでうちの子は天才だーっていう親」という、まさに前世の主人公が受けた幼少期と同じスタート。 しかし、主人公はそこでひねくれずに真面目に取り組みます。 この時点ではまだ主人公無双できる状況。 ただ物語が進むにつれて、無双のできない状況が続きますが、主人公は心折れることなく、愚直に向き合います。 そして、ついには逆立ちしても勝てない相手の軍門に下る。 それでもひねくれる事なく、現実を直視します。 そしてそのままその生涯を終えます。 つまり、無双できるほどの才能はなかったけど、それに絶望する事なく、自分のできる事はし続ける事によって、最強クラスにまで上り詰める事はできたわけで、「無双できないならいいや」と諦めていたら、きっと前世と同じ事になっていたでしょう。 という感じです。 なので、他のなろう系作品よりも身近な主人公と言えますが、それでも私たち一般人からしたら手の届かない所にいるのは確かです。 しかし、もしかしたら読み手もルディのように驕らず諦めず日ごろの行いを顧みる事ができたら、そうなっていたかもよ、というメッセージもあるように思います。

1人がナイス!しています

0

最強系ってドラゴンボールみたいな感じですよね? 必ずしも主人公が世界最強であるという意味ではなく、もっと強い敵は現れますし。 無職転生は表面的には異世界転生最強系のテンプレに沿って話が進みますが、本質的にはアンチテンプレなところが人気の理由だったと思います。 前世では家族との絆を作れず親の葬式にも出ずに姪ブリッジオナニーしてたところを兄弟に見つかって家を追い出されトラックに潰されて死んだ主人公が、異世界で天才イケメンとして大活躍する。 そこまでは異世界なろうテンプレです。 しかし自分より弱く精神的に年下で見下していた父親が実は偉大な父であったと気付くのは、その父が死んだ後です。再び失ってから大切なものに気付き、前世でも自分は愛されていたことに気付き、新たな家族を守ろうと努力する。そんなことの繰り返しがこの作品の魅力です。 単なる異世界転生最強系ではなく、他の作品の最強主人公が目を向けなかった部分に切り込んでいく作品です。

0

最強系ではないですね。魔術師としてはかなりの域までは行きますが、基本魔術師は剣士に敵わない世界なので、生身単体なら世界で上位20にも入れません。

0

最終的に魔導鎧を装備したら七代列強下位クラスの強さにはなりますが、上位の人物が化け物過ぎて全然最強ではないです。 ルーデウス自身戦いがあまり好きじゃないので大切な人が守れる程度にって感じでそもそも最強を目指してないです。 ネタバレになりますが未来から来た主人公は重力魔術を使いこなせるので今の主人公の未来よりも強いらしいです。