なんでホッキョクグマやホッキョクグキツネは白いのにペンギンは黒いんですか? ホッキョクグマが暖かい森に行ったらどうなりますか?

動物 | 外国映画197閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:1/17 1:53

その他の回答(2件)

4

ペンギンだけでなく、ウミスズメ類やカツオドリなどの海鳥には、身体の下面が白く、背中側が黒っぽい、という配色がよく見られらます。 このような配色は、“カウンターシェイディング”といって、下から見る魚にとっては空の色と紛れて発見されにくく、また上から襲ってくる敵には、暗い海の色と紛れて発見されにくい、という利点があると考えられています。 (つまり、餌の魚や、天敵から見つかりにくい保護色です) いっぽう、ホッキョクグマや、ホッキョクギツネなどは、おもに雪や氷の上で活動しますから、全身が白いほうが、効果的な保護色になる、という訳です。

4人がナイス!しています

0

ペンギンは南極大陸では、コロニーを作って暮らしているが北極には営巣地がない。ホッキョクペンギンは居ない。