ID非公開

2021/1/13 21:57

1212回答

日本は被爆国なのになぜ原発をやめないのですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/16 1:04

少し問題がズレるかもしれませんが、「核保有国」対「非核保有国」となった場合、核を持ってるか否かで勝利が決まるのですか。 そもそも核兵器を使った戦争になると人類が滅んでしまう、という事で使えないと思います。なので日本が原発を廃止したとしても戦争という面では問題無いのでは。 もう一つ、日本は戦争を放棄している訳ですが、それでも攻撃されるものなんですか。

その他の回答(11件)

0

被爆国だから原発をやめなければならない論理、理由がまったく分かりません。 他でも指摘されているように、原爆と原発はまったく違うものです。 ライリーさんも言っているように、被爆国だからこそ、核エネルギーを平和利用すべきなのです。 原爆は飛行機から落とされましたが、日本は飛行機をやめていません。飛行機を武器ではなく、輸送用として平和利用しているのです。 現在は、核弾頭はミサイルに搭載されますが、日本はロケットで火星探索などを行っていて、ロケットをやめていません。ロケットをミサイルという武器ではなく、宇宙探索用として平和利用しているのです。 自動車も、船も武器にもなるし、平和利用すれば便利な道具になるのです。こんな例はいくらでも挙げられます。

0

東京電力、関西電力他、主に幹部がボロ儲けする為。社員にも福利厚生施設たっぷりです。いくら金かけても電気代に上乗せするだけ、かんたんです。そのためには、燃料費の安い原発が1番!処理費は高額と言うか処理できません。金さえがっぽがっぽなら、後は知りません。

0

原子爆弾と原子力発電(原発)は違うものです。 原子爆弾は、例えば高濃度のウラン235を大量に取り出し、一瞬にして核分裂連鎖反応を起こして人・環境を破壊する恐ろしい武器です。これに対して原発は、低濃度のウラン235を用いて、およそ1年間、ゆっくり発電し続けるもので、生活に必要な設備です。後者の原発のほうが、上手くコントロールしながら安定して運転する必要があるため、高度な科学技術が必要となります。なお、原子爆弾は、ある程度の科学技術力や経済力があれば作り出すことが可能であるため、核兵器禁止条約により世界的に禁止されています。 日本で原発を推進しているのは、資源小国にあって安価で安定したエネルギーを確保するためです。食料はおよそ半分を海外に頼っていますが、エネルギーは殆ど全てを海外に頼っているのが実情であり、日本にとって、エネルギーの確保は最重要課題です。 原発は一度運転を始めると、1年以上も安定して大量の電力を生産し続け、しかもその間は燃料の補給が不要です。原発は資源に乏しい日本になくてはならない、生活必需品なのです。

0

「被爆国」なので原子爆弾は持てない。しかし、「いざとなったら原子爆弾を作れるぞ」ということを示すために原子力発電所を作っておくという考え方もあるようです。

2

▲ドイツと比較すれば日本の特異性が見えてきます。ドイツでは過去の(ナチスの)残虐行為などを通じて、もの事の価値判断は社会的であるか、反社会的であるか、倫理的であるか、非倫理的であるかなどによって判断されるようになりました。ドイツでは原発は反社会的設備であり、非倫理的設備と見做されて、石炭火力などと共に廃止の方向となりました。 ▲日本は被爆国として、核兵器技術の延長線にある原発は、反社会的設備であり、非倫理的設備と判断すべきですが、精神的文化の成熟は極めて遅れており、原発の本質を理解することができません。日本では政策的に、(他を高くして)原発は安価な電源と決められており、廃棄物問題など無視して、今だに止められない現状が続いています。更には、膨大な原発マネーが投入され、還流するシステムが出来上がっており、政府、電力会社、立地自治体は“美味しくて”やめられないのです。

2人がナイス!しています