ID非公開

2021/1/14 8:16

66回答

やっぱり本能寺の変で明智光秀 大阪の神戸信孝・丹羽長秀を攻めるべきだったんでしょうか? 京は別働隊あるいは決戦後にでも

日本史89閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

明智光秀は単に本能寺に織田信長が 滞在しているという情報だけで無く 織田信忠も京都に、いて信長と 信忠の手勢ひっくるめても多くて 二千人ぐらいという情報も得たので 謀反を決断したんだろうと思います。 京都在中の織田軍が大軍で無いから 明智軍は京都に侵攻したのです。 そして入京した以上、明智軍は 京都を制圧しない限り京都から 出ることも、できない。

0

京都から大坂に行くのは西国街道を通ります。 先ずは、淀城・勝竜寺城があり、その先に高槻城。 高山右近が「アナタの味方ですから、どうぞお通り下さい」とでも言うのでしょうか! さらに、茨木城があり、中川清秀もいます。 摂津衆と言われる高山右近・中川清秀は既に、池田恒興の与力として組み入れられています。 それは、『信長公記』巻十四「八月朔日御馬揃への事(毛利取鳥へ後巻きの事)」という記事にあります。 「摂津では池田恒興を大将として高山右近・中川清秀・安部二右衛門・塩河吉大夫ら」と書かれていて、摂津衆の大将は光秀ではなく恒興です。

0

兵力に余力があれば、当然攻めていたでしょう。 大和の筒井順慶や丹後の細川藤孝が、味方として参陣してくれれば、 そういう手立てが打てたはずです。 また、摂津が地盤の高山右近や中川清秀も、光秀と親しかったので、 味方してくれると期待していたのでしょう。 しかし、実際には思うように味方が増えなかった点が、 光秀の誤算だったのです。

0

最優先事項は、信長父子を討ち取ることです。かりに大阪の神戸、丹羽らをせん滅できたとしても、信長、あるいは信忠が顕在であれば、織田家の指揮中枢は健在であり、すぐに光秀討滅軍が組織されます。 光秀は、織田家の領域内で反乱を起こしてほどなく鎮圧された荒木村重と同じ運命になります。

0

信長と信忠を殺してあるから、諸将は動揺してすぐには行動できないでいます。 京都を制圧するのを後回しという選択は、なかったでしょう。 それからの行動としては、大坂の信孝も厄介ですが、東には安土城もあれば、織田信雄もいます。 信雄が無事に安土に入れば、周囲の勢力をあつめて京都をうかがうこともできたでしょう。 いずれか一方は叩いておかねばならず、どちらかといえば安土の方が兵の配置が薄く、成算があったでしょう。 近畿西国口は、中国攻めの援軍として、光秀が指揮する予定だった池田、中川、高山、塩川らが臨戦態勢です。 四国攻めの部隊は動けそうになかったので、明智勢だけで手を付けるより、毛利との連携で、これらを締め上げるという考えもあったのでは?