ID非公開

2021/1/14 14:44

33回答

算数の問題です。どのように解いたら良いでしょうか

画像

算数32閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

B君の合計金額はA君の2倍だから、20の倍数、すなわち、鉛筆の数は偶数 そして、本数の合計もA君の2倍(偶数)だから、ボールペンも偶数 B君の鉛筆、ボールペンの本数を、それぞれ 2m , 2n とすれば 21≤m+n≤29 で (60×20+90×(m+n-20))×2=50×2m+100×2n 両辺を20で割ると 120+9(m+n)-180=5m+10n 整理すると 4m=n+60 nは4の倍数だから、n=4k とおけば m=k+15 したがって 21≤m+n=5k+15≤28 ∴ k=2 求める鉛筆の本数は 2m=34

しまった、もっと圧倒的に簡単に解けた! B君の鉛筆は偶数なんだから、合計金額は100の倍数 よって、A君の合計金額は50の倍数だから、A君のボールペンは5本しかありえない したがって、B君の合計本数は (20+5)×2=50 B君の合計金額は (60×20+90×5)×2=3300 求める鉛筆本数を 2m とすれば 100m+100(50-2m)=3300 50-m=33 m=17 2m=34

0

連立方程式は分かりますか?

ID非公開

質問者

2021/1/14 15:24

連立方程式は使えないみたいなんです(T_T)