ID非公開

2021/1/14 22:47

66回答

住宅ローンについて質問です。

住宅ローン | ローン39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました! 元々祖母の土地で父がお金のかかるものを押し付けられ、さらに土地使ってないでしょと家を建てられた状態なので、本当に今後が不安です。 父には人のことまで世話するお金はあっても、私達兄弟にはないですし、父と母の離婚の原因になった人なので、今回想像してた通りでハッキリと分かって良かったです。 父とこれから話し合いをして生きてるうちにどうにかしていきます。本当にありがとうございました

お礼日時:1/17 21:48

その他の回答(5件)

0

「父の持ってる土地の上に家を建てました」とのことなので、お父さんは連帯保証人兼担保提供者になっているはずです。 連帯保証というのは一種の債務で債務者に連帯して債務全部に責任があります。 相続に際しては法定相続割合で当然に相続されます。 相続放棄という手もあるわけですが、そうすると資産も相続できないので、これは選択できないでしょう。 まれな場合で、担保提供だけのケースがあり、この場合は物上保証人とも言います。 この場合、いざという場合はその土地を失えばそれ以上は請求されません。 ということはその土地を相続した人がそれだけのリスクを負うことになります。 銀行取引で保証人といえば以上のふたつです。繰り返しになりますがほとんど連帯保証です。 身元保証などありません。

0

ローンの保証人はほぼ例外なく連帯保証人ですが、今回の場合は土地の所有者がお父様であるので100%間違いないです。 債務も相続対象ですから相続放棄しない限りは当然連帯保証人としての債務も相続人が引き継ぐことになります。 一般的には住宅ローンの保証人は保証会社に委託するのが普通ですが、保証会社の審査に通らなかった可能性が極めて高いと思います。

0

住宅ローンや金銭に関する物は全て連帯保証人です。 保証人というのは、この人は○○の○○さんで間違いないですよ、というような身元保証人なので、金銭に関するものには必要ありませんので。 で、相続ですが、質問者さんの言う通り連帯保証責務も相続する事になります。