家庭菜園してる人にお聞きします

補足

どうもありがとうございます 参考にさせてもらいます

家庭菜園66閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(9件)

0

①今からなら3月に春じゃがの種芋を植え付ける、春ジャガの種芋は2月中旬に買って芽出しして置きます。長さ5m二畝を準備します。石灰や燻炭は初心者は絶対入れない。入れると病気にかかることがあり、収穫出来ないからです。 ②夏野菜用(胡瓜、ミニトマト、なすび、唐辛子類)の畝ひとつを確保。 ③青菜(法蓮草、小松菜、春菊、ブロッコリー等)の畝一つ確保 ④9月初旬にはプランター八つに早生、中晩生、晩生の玉葱の種を撒いて置く 11月に定植する畝二筋を確保しておく。②③の畝を耕し直して定植の準備。 ⑤玉葱の畝以外に二畝用意、そこには大根の種を植える。残り一畝に蕪の種を植える。ただしオルトランかダイアジノンの薬剤を種撒きと同時に種の周りに入れます。そして大根も蕪の畝に不織布でトンネルをする。 以上が初心者の最低の仕事です。これをやらないなら初心者ではなく。すぐやめる人です。最低でも4畝の畑は要りますね。上記①~⑤は概略の準備ですが、その間の細かい諸注意は周囲の人に訊けば教えてくれます。くれぐれも 大根だけは薬剤を絶対撒かないことです。それは間引き菜を食するからです。

0

自宅の庭やプランターでやるのか、あるいは少し離れた場所の市民農園でやるかによって最初にやるべきことは変わってきますね。

0

作りたい野菜を作ってみる。小学生と同じ様に生育記録を書く。 疑問が有ればネットで調べる。そうして少しずつ上手になって行けます。最初からプロ並みの方は居ません。

記録した物やタネ袋を こんな情報とドッキングすると判り易くなります。 http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php またこんな情報と比較するのも良いでしょう。 https://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/hozen_type/h_sehi_kizyun/ いずれにせよ良く観察し愛情を持って育てて下さい。 そうすると枯らす事はないのです。 植物の根は動物の腸が裏返しになっていると思って下さい。

0

誰にでも栽培可能で連作を苦にせずにプランターでも作れる小松菜から始めて下さい。 小中の課題に上がる作りやすさのこれから始めて下さい。 3月から10月迄作れて約1か月で食べられます。