新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

【ライブ音響 ミキサーの個別チャンネルでのイコライザー・音作りについて】

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いま出来ること、これから考えていくべきことを改めて認識することが出来ました。 ありがとうございました。

お礼日時:1/23 16:47

その他の回答(2件)

0

>バスドラが抜けない、ベースも思うような良い音で出すことが出来ない ・コンプレッサー、というかリミッターを使ってみてはどうでしょう。 大きな音が入ってきた時に、それを抑え込むエフェクターです。 ・スピーカーのパン機能で、バスドラとベース音を、ほんの少しだけ左右に振り分けてみてはどうでしょう。 >バスドラを抜かすために、アタックの帯域をブーストし、不要な帯域をカット ・EQだと極端に上げ下げしてしまい、結局音がさらに細くなるだけだと思います (根本的に、音が太ければ、どういじっても聞こえてくるはずなので) >ボーカルから大きな音がきた時や複数人数で声を出したときに音が割れてしまう これはドラムのせいではなくボーカルの入力の問題ですね。 リミッター等で突然の大入力をきっちり防がないといけないと思います。

0

確かにキック用マイクの定番であるSHURE Beta52は4KHzに山があり、それでアタックが強調されるのでそういった特性のないマイクを使う場合4KHzを持ち上げるのは効果がありますが・・・ そもそも元々のバスドラから出る音がお粗末だとEQをいくらいじったところでろくな音になりません。バスドラムのチューニング、マフリングは適切でしょうか? https://youtu.be/HaYcIZO63-I こういった音を出すには打面はこれ以上ゆるくしたらテンションボルトがガタつくくらいゆるく、フロントは打面より若干張るくらいにローピッチに、マフリングは添付画像のような三日月マフラーにとどめます。(打面中央付近にまで毛布が当たるようではアタックがなくなります。) そしてマイクは4時あるいは8時方向の小さなホールに突っ込むとアタックと低音のバランスがとれた音が録れます。

画像