回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/17 1:32

22回答

クランポンクラリネットのE12FとE12plusは何が違うのですか?

吹奏楽 | 楽器全般19閲覧

回答(2件)

0

現在カタログに載っているのはE12Fだけです.今なお,世界中で売られています.一方,自信ありませんが,E12 plusの方は日本国内だけのモデルだったのではないでしょうか.こちらに,少し違いが説明されています.E12Fの方が若干高くて,若干良さそうな感じです. https://www.watanabe-mi.com/shopping/list/p116994/ 抜粋 E12 F / E12 PLUS...下位のE11よりも良い木材を使用しています。また可動式指掛けになります。 E12 PLUS...E12プラスはE12FよりはどちらかというとE11に近い仕様です。ストラップ用リングつきの調節可能指かけつきでより構えやすく吹きやすい。ベルリングなしで軽量化。 E12F...E12フランスも可動式指掛け、ベルリングなし、木材はE12プラスに同じ。ただし、クリアニス仕上げ(F12プラスは黒い上掛け)。キイの仕上げがよりハンドメイドに近い冷間鍛造。タンポはレザーパッド仕上げでより耐久性があります。(E12プラスは一般的なフィッシュスキン)

0

こんにちは、ID非公開さん その前にE11F、E12Plusというモデルがあって、そこからバージョンアップされたもののようです(^^; 2013年のカタログやパンフレットには、 E12Fは、フランス工房で設計・製造したパーツをドイツで組み上げたもの(FはFranceの頭文字とされている。キーは洋銀冷間鍛造製法、タンポはレザーパッドを使用している) E12Plusは、ドイツ工房で設計・製造したパーツをドイツで組み上げたもの(内管に割れ防止の塗装がされている) 抵抗感 E12F>E12+ 音色 E12Fがフランス寄り、E12+ドイツ寄り…但し差は僅差らしい との情報があります。 P.S. ドイツ工房は、ビュッフェ・グループの有名なシュライバー社(σ(^_^;には、どちらかというとバスーンメーカーのイメージがあるけど、古くからドイツ式クラリネットを手がけている)

>キーは洋銀冷間鍛造製法 タイプミスがありましたm(__)m 正しくは… キーは洋銀製冷間鍛造製法 E12Plusは、洋銀製のみの表記なのでE12Fとは、キーの作り込みが違いE12Fの方に上位モデルらしい差を作っている