回答受付が終了しました

現実的には有り得ないことなので空想の話しになりますが、 地球の環境ためには

ヒト | 天文、宇宙73閲覧

回答(6件)

1

> 地球の環境ためには 地球上の生物の中で人類だけが完全に絶滅すれば良いのでは ★たしかに そのように考えているカルト団体も存在しますが(ただし彼らは「自分たちだけは心が美しいので生き延びるべきだ」という矛盾したことも同時に主張しますw)… 人間の言うところ「地球環境」とは、「人間が快適に生きていくための環境」のことであり、逆に今の環境が維持されたほうが生きづらい生き物もたくさんいるのです。 ★それに、ご存知でしょうか? 我々の住む この地球は、「10億年ほどしたら住めなくなってしまいます」。 人間による環境破壊が原因ではありません。 太陽から降りそそぐエネルギーが、ほんの10%ほど上昇してしまうために、「地球から水が無くなってしまう」からです。 つまり、今の環境をどんなに維持しても、地球生物は10億年後に もれなく絶滅してしまうのです。 ★その運命を変えられる可能性を持つのは… 「われわれ人間」です 僕たち人間が、将来 確実に訪れる「絶滅」を意識して努力・協力を続け、地球外活動を可能にする文明レベルまで発展してはじめて、地球生物に「10億年後以降の歴史」が生まれてくるのです。 ★文明は、強大な力です。 地球生物を生かすも殺すも、この力の使い方… 私たちの生き方に、かかっているのです(^^ ちなみに下記は、『人間に生きる意味など無い、本当の理由』について説明したページです。 https://ikiruimi.net/text/tF723.html (怖いタイトルですが(笑)、最後まで読めば「どう生きるべきか」が見えてくるかもしれません)

1人がナイス!しています

0

人間だって生物の一因だし、もし人がいなければ人にしか寄生出来ない生物も道連れですねw それに環境保護でも別に人類が絶滅する必要などない。適切な数にまで減らせばいいだけ。

1

人間が居なくても、今まで地球環境は色々と変化しています。 地殻変動や太陽からの影響、生物が作用した変化など色々です。 「地球の環境の為」と言いますが、何が良いのか正解はありません。 今は、人間がそう騒いでいるだけで、それは地球環境の為ではなく、人間の生きる環境の為と言うことです。 人間は今の地球環境を変化させる1つの要因でしかありませんし、それも地球の歴史です。人間が繁栄しようが絶滅しようが、地球自体はただ変化していくだけです。

1人がナイス!しています

2

あらゆる生命は、当たり前ですが、生命相に介入していますよ そして生物はマトリックス状に複雑な連鎖の相補関係を築いていますし、この生態系は安定的なものではなく、自然の実相を見ればわかるように、極端から極端へのスイングを繰り返していますよね? 人間の介入なんて、それらファクターのワンオブゼムに過ぎず、人間が介在することで、さらに新たな生命相が生態系として構築されている、ただそれだけです。 人間だけが特別に環境への「負荷」をかけているなんてのは、人間を特別視する、裏返しの人間肯定論に過ぎません。 しかし質問者さんはofn********さんとのやりとりを拝見すると、ofn********さんのご指摘の意味がわかっておられないようですね。 あなたは「地球の環境ためには」「絶滅すれば良い」と価値判断をつけておられるのだから、人間にさしたる意味はないと回答されたのに、「人間だけ絶滅してほしい」と求めるのは論理が破綻しています 「人類だけが絶滅する」なんて不可能ですよ。 前述したように、人間が介在することで、さらに新たな生命相が生態系として構築されているんだから、ヒトという種が消えたら、大量絶滅や環境破壊が起きますよ。 むろん、これも既に述べたように、マクロの観点からは、こんなことは生命では常に起きている些事にすぎません。 (ofn********さんが「誤差の範囲」といっておられるのはこういう意味です) しかし、あなたは環境破壊だからヒトを滅ぼせばという仮定をしているのに、ヒトを選択的に滅ぼしたら同じように(些事とはいえ、あなたの観点からすれば)凄まじい大量絶滅や環境破壊を引き起こすとは考えていないので、納得はされないでしょうねえ

2人がナイス!しています

1

何事も「過ぎたるは…」で、人類の人口が増えすぎたこと、使用するエネルギーが増えすぎたこと、消費量が増えすぎたことが環境への「負荷」となっています。 適切な使用、消費。循環システムの維持が問題。

1人がナイス!しています