古いPCについて質問です。

Windows Vista | パソコン109閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(6件)

0

最低でもメモリ2GBはないと厳しいよ(^-^;A vista対応のFireFoxの旧バージョンを使えば可能かもしれないけど、質問者様がご家庭でお使いの他のパソコンへのセキュリティ面を考えるとOSもブラウザも脆弱性があるから安易にはお勧めはしないけど。 ハード的にもメモリ1GBなのでvistaにブラウザを適用してもYouTubeは快適な視聴が見込めません。 OSのリソースが通常で300~500MB、メインメモリからビデオメモリへの割り振り(最低32MB)、ブラウザを起動して数十MB、YouTubeのキャッシュが240p画質でも300~500MB、高画質にすればさらにキャッシュは増えるので、ハードディスクは常時スワップ状態となり処理が追い付かなければ映像が停止し、そのスワップも仮想メモリを超えた場合はタブクラッシュ*によるブラウザ停止に至ることもあります。 *OSがぶっ壊れるわけではありませんがブラウザが完全に停止してブラウザウインドウを閉じて、ブラウザを再起動する必要が出てきます。 最低でもメモリ搭載量は2GBを用意したうえで臨むことが理想的です。 旧バージョンのブラウザの準備、セキュリティ問題、手間と投資に見合うパフォーマンスが見込めないけどそれでもと言うなら、現行の1GBのメモリでその結果を見極めない限り相当な苦戦を強いられるはずです。 つまり古いハードウエアをWindowsで運用するには趣味として金をつぎ込んで、それなりのスキルを合わせた実行力で問題を解決しなくちゃならないってことです。 vistaを現行で運用されている猛者達はそういったスキルをお持ちです。 もし質問者様がブラウザだけでなんとかなると思っていらっしゃるなら、その猛者たちの回答をしっかり理解されたうえで、環境を構築された方がいいと思います。 私のようにvistaとWindowsアプリを捨てlinuxに逃げる卑怯者も居ますが、逃げられたのは搭載メモリが2GBあったからにすぎません。

0

YouTubeを見せるくらいであれば、タブレット端末で十分です。 https://item.rakuten.co.jp/jonjon/kt17/?iasid=07rpp_10033_20350__el-kk2299ys-3h-23698c09-5a78-4b09-9794-fc7193a5821f すでにVistaも7もサポートが終わっていますが、セキュリティホールはいくつも見つかっていて、それを利用したウイルス、不正アクセスの餌食になります。 最悪、サイバー犯罪者に則られて、犯罪の踏み台にされるなど「加害者」となってしまう恐れがあります。 安全なネットの利用を考えるなら、タブレット端末で利用させてください。

0

YouTubeだけでいいなら、Windowsは捨てて Linux系の現行のOSに入れ替えてしまって Linux版のFirefoxやChromeを使うという手はあります。 Core2 Duo T7250搭載で、メモリーが1GBが基本仕様ですから 現行製品と比べればかなり非力ですが 1280x800の液晶モニター内蔵ですから、それに見合う 720pの動画視聴は、普通にこなせるはずです。 Passmarkのベンチマークスコアで同等のCore2 Duo SL9400機で 1080pの30fpsまではイケるのを確認していますが 残念ながら最近増加している1080pの60fpsは無理っぽいので 割り切って使う必要がありますが YouTube自体はLinux系OSでの利用を公式にアナウンスしているくらいで サポート中の現行のLinux系OSを導入すれば、普通に利用できます。 メモリーは最大4.5GiBまで増設できる少しめずらしい仕様ですが 元が32bit版Vista搭載だったため、最大増設しても フルに活用はできないという不遇な世代のPCです。 1GBのままでも、Linux系でも軽量のXubuntu20.04LTSなら それなりの速度で動作できるはずです。 ただし、Linux系OSではWindows用ソフトは動きませんし そもそもすべてのPCで正常動作するとも限りません。 https://www.youtube.com/watch?v=BZnXIn0YwTs こういう比較動画を作っている人がいるので たぶん、現行のLinux系OSでも動くと思いますが Windowsとの違いは多々ありますから 導入の手段から、いろいろ下調べしないことには手を出せません。 インストールディスクを作る段階で、勘違いする人が多くいますし この世代のNEC製品は、起動デバイスにUSBメモリーを指定しても USB設定の[使用する/使用しない/FD互換]のうち FD互換が基本設定になっているため、それを[使用する]に 切り替えなければ、USBメモリーで作ったインストールディスクから 起動することができなかったりします。 DVD-Rなどで作っても良いんですが、起動に時間がかかったり 今となっては推奨できる起動デバイスではありません。 インストールする前に、インストールディスクに備わっている 体験版的な機能で、YouTubeの視聴くらいできるPCもあります。 USBメモリーの耐久性の問題がなければ USBメモリーのまま使い続ける手も無いとはいいきれませんが Chromeや拡張機能などを追加したり、設定変更したりするなら インストールディスクで運用するというわけにもいきません。

0

こちらからFirefox ESR 52.9.0をインストールしてください。 https://ftp.mozilla.org/pub/firefox/releases/52.9.0esr/win32/ja/

1

そもそもサポート終了したOSをネット接続しない・させないのが常識の話。 https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7-end-of-life-support-information https://www.ipa.go.jp/security/announce/win7_eos.html その利用ならamazonでFireタブレットでも買って渡せばいいんじゃなかろうか。 https://www.amamoba.com/kindle-fire/fire-youtube.html

1人がナイス!しています