アメリカも日本も株が高い状況がつづいています。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

>世界各国の中央銀行が金融緩和したおカネというのは実際いったい誰の(どこの機関の)手元に行くのでしょうか?ヘッジファンドの手元の資金が増えたわけではないですよね。 ❶中央銀行が金融緩和、正確には量的緩和を行います。 ❷量的緩和とは、中央銀行が市中銀行の保有する国債等を買い入れて、市中銀行にマネーを流します。 ❸市中銀行は、マネーを貸し付けに回しますが、良い貸付先が無いと、短期金融市場に回します。(今はコロナ不況なので、良い貸出先がないので、マネーが余ってしまう) ❹短期金融市場では、ヘッジファンドなど機関投資家が低金利で資金を調達します。 ❺市場から調達したマネーをヘッジファンド・機関投資家は株式市場に投入し、株価がバブルと言う流れになります。 >個人投資家の手元の資金が増えたわけではないですよね。それなのに、なぜ株価は上昇するのでしょうか。いったい誰が株を買っているのでしょうか。 上記のヘッジファンドが大量に株式を買ってる他・・・米国では個人も買っています。 米国では、昨年、1400$ 600$ そしてこれから1400$という国民への給付金が出ます。 米国では、この給付金が株式市場に流れ込んで、テスラなどハイグロース株がバブル化しています。 https://www.youtube.com/watch?v=Vz69Qav6jso

1人がナイス!しています

0

その問いの正確な答えはわかりませんが、参考程度になれば幸いです。 仰る通り、現在マネーが史上最もマーケットに溢れている状況です。各国政府が大量に財政出動しているからです。 パンデミック前から同様でしたが、加速しました。MMT理論(政府はインフレの兆しが見えるまで赤字国債でファイナンスし続けて問題ない)に否定的だった主流派も、今の財政出動には賛成しています。 そうして流し込まれたマネーは史上空前の株高という形になってマーケットが反映しています。それらの株を持っているのは誰か。 AMZやテスラ等、時価総額頂点数社のIT企業のホルダーです。先日テスラのCEOは世界一の保有資産になりました(すぐ2位になりましたが)。 AAPLやAMZ等の時価総額は大きく増加しています。ジェフ・ベゾス等それらの大株主たちは今回のパンデミックで個人純資産残高が増加しました。 アベノミクスの支柱の一つ、トリクルダウン理論(富裕層が富めばやがて非富裕層も富む)が間違っていることを今更言う人はいませんが、一段と格差が拡大しています。 現在経済学には大きく、気候変動と格差と二つのテーマがホットですが、いかに上位0.1パーセントの富を分配する制度を作るかという点で議論されています。