鉄道単線区間で タブレット方式において、同一方向に2列車を連続して通す場合は

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

1

続行運転でも先行列車が閉塞区間の次駅に到着して通票(タブレット)を通票閉塞機に収納しなくては後続列車が発車できませんが、通票閉塞機を用いず通票1枚で機織りで閉塞を行っている場合に、続行運転することがあります。それは、まず先行列車にその列車のみに有効な通券を発行します。この際に通券用紙が入っている箱は通票が箱を開けるカギになっており、通券用紙の箱を開けたら通票が収納されます。通券を持った先行列車が次駅に到着した際に鉄道電話で先行列車が到着したことと通券が無効になった旨を伝え、それを受けて通券用紙の箱から通票を取り出し、続行列車に渡し発車させます。

1人がナイス!しています

1

隣の駅でタブレットを収納するまで、他の駅で取り出しができないようになっています。 (故障と思い込んで針金などで無理矢理開けて渡して事故になった例もありますが……)

1人がナイス!しています

2

タブレット区間では必ず両方の駅(及び信号所)で連絡を取り1個しか通票が出せないようになっています。もちろん電話連絡もしますが、機械がそう言う仕組みになっています。 AからBへ列車が行きBへ到達し通票を収納します。するとAでもBでも通票を取り出せるようになります。機械がそう言う仕組みになっています。 もう一度(連続して)AからBへ列車を走らせたい時は、通票が出る状態になっています。もしBからすでにAへ向けて通票をだしていると、Aでは機械から通票が取り出せないようになっています。もちろん電話連絡はしてありますが、メカの方でもロックがかかってしまいます。 通票はその区間の列車本数で決まりますが、同じ通票が数個機械に収納されていますのでA-B片側方向に列車が集中しても発票できます。 昔の単線区間の駅には大きな機械と電話機がでんと構えていました。 チンチンと連絡の音が聞こえていました。これは列車を出すぞという合図のようなものでした。駅長が電話に出て了解などといっていましたね。 このメカニズムは結構全国で展示しています。私は鉄道博物館と他に近江鉄道の彦根駅で展示の見学をしたことがあります。

2人がナイス!しています