回答(12件)

0

地球に人まで居ます。 この事実を延長して考えると、宇宙に宇宙人が居ないとは言えません。 それで私は人は神に依って創られた事を信じてます。 それから神がいる根拠が宇宙にある理由も考えています。 この神の意志が地球に限ってだけとは思えません。 こういう事で私が回答している宇宙観を載せてみます。 先ず太陽の出来方が誰も想像しなかったものです。 神は後半になります。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13229446803 神が人間を創ったと,色々な宗教も人の口を借りて述べて来ました。 特に天理教の神が降臨して述べたのは,人間を創り初めたのが約9億年も前で,最初虫けらのようなもので,それから段々と見守って進化を与え続け,今の人間にしたと言いました。 人間を創った目的は、神と一緒に陽気暮らしをする事だと言ってます。 これは明治になる20年も前の話で,片田舎の農家の女性に神が降臨して語らせました。 それから通常人では到底知る事も出来ないのですが,世の中には霊界も見えるという人が居るのです。 その一人が隈本確氏で、大霊界という本を書いてます。 この本には,具体的に神の存在,人間の魂,心,体との関係を通して書いてあります。 そして人間が死ぬと,本当の生命の初まる霊界に行くそうです。 今の世界は卵の中のような物で,霊界こそ本当の世界という訳です。 そして生まれ変わりはないという事で,隈本確氏はあらゆる霊界を見ることも行く事も出来ると仰っていて,そうして生まれ変わる状況は一度も見た事がないと言っています。 人間の真実の生命は霊界にこそあって,今生きている時は肉体として生きていますが,誕生した時に魂の誕生でもあって,そして肉体の中で心を通して魂が成長して,それから本来生き続ける霊界に行くそうです。 それで霊界での生活は数千万年から,億年の生命活動があると言っています。 数千万年とか億年に生きている魂は宇宙人のだそうです。 人では未だ精々100万年が限度です。 今生きている時が試しの世界で,ここで育まれた心の使い方で霊界での住処が決まり,厳然と天国も地獄も存在していると言っています。 あくまでも信じる世界になってしまいますが,見える人には現実に分かるだけと言う事にもなって,凡人は信じるより仕方がありません。 ちなみにブラックホールですが銀河の中心が実際に写し出されたという事で、上で現実に黒い丸でニュースで流れた話題を載せました。 そして我が天の川銀河でもそうであろうという事が、証拠で出ていると言われています。 それがこの中心で、恒星が何もないと思われる所を公転しているのが観測されているからです。 それでブラックホールは光さえ出ないとされているので、あたかも何もないようになっているので、これを観測していた科学者は、そこにブラックホールがあるから何もないように見えているのだと言っていて、銀河の中心にこれがある証拠としてます。 ところが私はそうではなくて、そこが空間だけなので本当に何もないのだと上で語りました。 丁度台風の中心が目になって、何もないのと似ている事で説明しました。 私の考える銀河は最初から熱の塊でしたが、外に恒星の群れを押し出して行ったので、最終的には出て行く恒星が多かった為に、中心の物が持って行かれたので、そこが空間だけになったのです。 それでもその中心で恒星が公転していたので、例えそこが空洞になってもそこにあった恒星はそのまま回り続けていました。 何もない所を回って見えている事になります。 ブラックホールがそこにある訳ではないのです。

0

質問者さんは、恐らく宇宙人と言ってるくらいだから、 (宇宙の生命体)ではなく (地球外の知性体)の存在証明を求めてるんですよね? 宇宙に生命体はあるでしょうが、 知性、つまり本能だけでない意識を持つ生き物となると、いるかどうか正直なんとも言えないです。 生命体が代謝出来る環境要因を形成出来た地球は、例外中の例外なんですよね。。。

0

自分を見たら良いです。 私達は日本人であり地球人です。 同様に、地球人であり宇宙人でもある訳です。 視点と視野の問題です。

0

証明は難しいです。 自分の記憶にある場合は信じますし、病気を治療してくれれば有難うとなります。(何度も助けられてます)

0

証明はけっこう難しいですよ。 第一に必要なのは、標本です。 これは生きて動いていようが、死んで背にピンがに刺されていようが構いません。 これはまあ、簡単です。 次に必要なのは、それが宇宙由来である証拠です。 こちらが難関。 地球上に同定できる種の生物がいない事を調べるとともに、何らかの特徴から「地球外生物」である事を導き出さなければなりません。 例として、その宇宙人が宇宙から飛来した隕石に付着しており、かつ、大気圏突入以降に隕石にへばりついた可能性がない事が証明されれば、そいつは宇宙人です・・・って隕石に付着する宇宙人ってのもどうかしてますが。 その証拠をしかるべき学会に提出し、「宇宙人である」との評価を得られれば、とりあえず宇宙人だと証明できた事になります。 ただし、他の研究グループの追跡調査によ り学会での発表に致命的な不備が見つかった場合などは、証明が覆される可能性もあります。