ジェット機のタイヤも冬場はスタッドレスタイヤにしてるの?

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

ジェット機のタイヤは基本的には、周年リブパターンのタイヤを使用しており、スタッドレスタイヤは使用されていません。 ちなみに、リブパターンのタイヤとは、進行方向に対して直線またはジグザグの連続した溝をもつトレッドパターンのことです。 特長としては、操縦性や直進安定性が高い、転がり抵抗が少ない、排水性がよい、横滑りに強いなどの特性があります。 ↓自動車用のリブパターンのタイヤ溝

画像
0

相変わらずのいい加減な回答ですね。 滑りやすい滑走路や誘導路でのディファレンシャル・スラストの使用は好ましくないとして禁止されていると言っても過言ではありません。 ジェット・エンジンはレスポンスが悪いので、オーバー・コントロールになり易いのです。 ディファレンシャル・ブレーキは有効ですが。 また、滑走路に積雪があっても離着陸できない訳ではありません。 ・DRY SNOW: 深さ70mm ・WET SNOW:50mm ・SLUSH:12mm まででしたら離着陸可能です。 ただし、Braking Action が VERY POOR になりますと離着陸禁止になります。

0

むしろ衝撃を吸収する役割 ちなみに空気ではなく、抜けにくく気圧の変化に耐えれるように窒素が使われてる

0

グリップしなくていいんです、 タイアでもそりでも良いです。着陸時は感性に従いその方向に向かいますし、動力はかかりませんのでつるつるの盾溝で良いのです。 凍っていて、ステアリングがグリップしない場合、右左片方のエンジンをふかして方向を変えます。でも原則はそこで止まって、トーイングトレーラーの救助を待ちます、、、

0

そもそもトレッドパターンもない航空機専用品。 オールシーズンタイヤでもない。